TEL 06-6411-8965

深視力メガネ

深視力メガネプロショップ

初めて大型免許、中型免許、準中型免許、けん引免許、普通二種免許、中型二種免許、大型二種免許を取得する場合や、更新される場合には、通常の視力検査以外に深視力検査という遠近感を捉える目の能力を検査されます。

初めて受けられる方にとっては、戸惑われる方もいらっしゃるようです。でも万一不合格でも深視力用メガネで改善できる場合があります。

メガネのアマガンセンター店2階には深視力検査室があり、不合格のかたには練習を行っていただけます。
深視力検査機:深視力が苦手な方は、トレーニングすることでコツを掴んでいただけ攻略するポイントを認識いただけます。
深視力検査の状況:深視力で落ちる方の多くは、左右目の視力が不十分な人、左右目で視線のズレがある人等です。

深視力=立体視=遠近感

深視力検査

深視力検査の様子
深視力検査の指標

深視力検査機の中には3本の縦の棒があり、真ん中の棒が手前から奥へ、奥から手前へと移動します。3本の棒が一直線に並んだ時に棒の動きを止めます。

深視力とは

人間は両眼を持って物体像を認識しています。(両眼視機能)両眼とも1つの物体を同時に目の一眼の奥の網膜に像を映し、1つの物に融像しています。このような状態を同時視ともいいます。
深視力はこの融像視と違って、左右の目にそれぞれの網膜に映った像の位置が異なることで遠近感を感じることにより運転時の物体の位置が把握できるのです。

深視力が苦手な方や不合格になった方のケース

  1. 裸眼視力か矯正視力が悪く3本の棒が明視できない場合。
  2. 深視力検査の内容が認識できていない場合。
  3. 両眼視機能が不都合な場合。

深視力が苦手な方や不合格になった方の対策として

上記1.の場合は、

遠用の矯正眼鏡、深視力メガネやコンタクトレンズで深視力は合います。

上記2.の場合は、

1度体験していただくことで認識できると思われます。認識できにくい場合は練習していただくことで殆どの場合深視力は合います。

上記3.の場合は、

両眼視機能が、補正できる場合とできない場合があります。できる場合としては、斜位という眼位の異常や輻輳(眼筋の内寄せ)の不完全等によって両眼視が低下している場合は、深視力眼鏡による両眼視機能の矯正トレーニング等によって改善されると思われます。

できない場合としては、眼のケガや眼の病気等により片眼の視力が著しく低下している場合や斜視によって同時視ができない場合が考えられます。

タクシードライバーと深視力のお話

車の運転と深視力は重要と思われます。

車の運転で事故を起こさないための意識として、人や物をさけるハンドルさばきやブレーキをかけるタイミングに十分注意しなければなりませ。そしてハンドルさばきやブレーキのタイミングは、人や物と自分の距離を正しく見極めることによって、正確さが生まれます。

つまりドライバーには、距離感や位置関係をしっかり見極める眼=深視力が必要だというこです。これは自動車に限ったことではなく、オートバイや自転車でも同じです。

社員数1,500名のあるタクシー会社で、何回も事故を起こしたことのあるタクシー乗務員40名に、深視力の検査を行いました。すると40名中25名(62.5%)に異常が認められました。これは、驚くべき比率です。

自動車運転免許試験場では、二種免許取得に際して深視力の検査を行いますが、不合格率は4%にすぎません。

早速その25名に対して、メガネを合ったものに変えさせるなどにして、深視力を上げるように指導しました。その結果、明らかに事故が起きる割合が減ったそうです。

このようなことから、一般の普通免許取得どきや更新どきにでも深視力検査を実施できれば事故を起こす確率が減るのではないでしょうか?
*掲載商品は予告なく変更する場合がございます。

深視力眼鏡以外のメガネはこちらへ・・・

深視力眼鏡以外のメガネはこちらへ

[最終更新日] 2020年10月21日 /[公開日] 2020年09月26日
カテゴリー:メガネ&サングラス&ゴーグルの情報発信基地


TOPへ戻る