TEL 06-6411-8965

スキー/スノーボード度付きゴーグル 

ふだん眼鏡を掛けている人のスキー・スノボ眼鏡対策

眼鏡を掛けている方がスキー・スノボをされるときに、そのままで滑ることもできますが問題点がいくつかあるので一般的にはそのまま滑る方は少ないと思われます。

スキー・スノボ時の雪面からの太陽光の反射対策
雪山は紫外線対策が必要

問題点:眼鏡を掛けた状態で滑走

1.雪や雨が降ると眼鏡レンズに雪、水滴等が付着することで視界が不良になってしまうが、この対策はされているのか。(水を弾くコートを施していると少しはマシ)

2.ゲレンデでは雪面からの反射が一般の市街地と比べると2倍の紫外線量になるといわれていて、日焼けはもちろ障害・疾病「雪目」についての対策ができているか。

3.ゲレンデでは気温が0°以下は普通で、フレームが凍て凍傷することで破損することがないのか。

4.滑走中転んで眼鏡が飛んでしまい壊れてしまったり、まっ白な雪面のどこかに落ちたかを良く見えない視力で探せるか。

メガネ派はどうする?スキー スノーボードを眼鏡で滑りたい人必見

1~4の問題点を解消するには、眼鏡をかけた上から着用できる、メガネ対応のゴーグルをすることが望ましいと思います。

厚みのある樹脂メガネにも対応のオーバーゴーグル
メガネ対応力
AX270-FMゴーグル
フェイスマスク付きゴーグル
AX:270-FM

メガネ対応のゴーグル その一例

眼鏡を掛けておられる方の殆どの方はご存じと思いますが、眼鏡をかけた上からメガネ対応のゴーグルを着用することで、1~4の問題点はほぼ解消できます。

AXー800

スキー/スノーボード時のメガネ対応のゴーグルAX800
AX800-WCM 

カラー:BUマットブラック

レンズ:ライトピンクベース

ミラー:スカイブルー

眼鏡対応のゴーグル表示
眼鏡可可
ヘルメット対応のゴーグル表示
ヘルメット可
曇り止め対応のゴーグル表示
曇り止め対応

AXー888

スキー/スノーボード時のメガネ対応のゴーグルAX888
AX888-WGO

カラー:マットブラック

レンズ: ライトピンクベース

ミラー:ゴールド

眼鏡対応のゴーグル表示
眼鏡可可
ヘルメット対応のゴーグル表示
ヘルメット可
曇り止め対応のゴーグル表示
曇り止め対応

AXー600

スキー/スノーボード時のメガネ対応のゴーグルAX600
AX600-WCM

カラー:ホワイト

レンズ:ライトピンクベース

ミラー:ピンク

眼鏡対応のゴーグル表示
眼鏡可可
ヘルメット対応のゴーグル表示
ヘルメット可
曇り止め対応のゴーグル表示
曇り止め対応

AXー220 子ども用

スキー/スノーボード時のメガネ対応のゴーグルAX220子供用
AX220-WD

雪遊びにも活躍するモデル。

カラー:RE レッド

レンズ:オレンジ

眼鏡対応のゴーグル表示
眼鏡可可
曇り止め対応のゴーグル表示
曇り止め対応

ゴーグル対応度付き その一例

ふだんメガネを掛けている方がスキー、スノボどきに眼鏡の上にゴーグルをかけることも1つの方法ですが、ゴーグルの内側に専用のフレームを挿入することができるフレームに、普段かけている眼鏡の度数を入れることでスッキリ見ることができます。

ゴーグルを装用する時に、ご使用いただける度入り対応インナーフレームのご紹介です。

ゴーグルの内側に入れるフレームピンク
ピンク
ゴーグルの内側に入れるフレームクリア
クリア

サイズ:左右レンズ径約57mm 上下レンズ径約42mm

お手持ちのゴーグル等に取り付けられる汎用インナークリップです。簡単に取り外しが可能です。

度付きインナーフレームをゴーグルに⁁セット
ゴーグルの内側に度付きフレームをセット
度入りインナーフレームをゴーグルに⁁セット
様々なゴーグルに対応インナー度入りフレーム

取付写真:

度付きインナーフレーム取付
取付 1
度入りインナーフレーム取付
取付 2
度つきインナーフレーム取付
取付 3
インナーフレーム取付度付き
取付 4

取り扱いのご説明:

度入りインナーフレームのゴーグル取付方法
ゴーグルに取り付け

Ⅰ.汎用サイズとなっておりますので、色々なタイプのゴーグルに取り付け られるような形状となっています。

度付きインナーフレームのゴーグル取付方法
度付きレンズをセット

Ⅱ.ゴーグル等の裏面から上部ストッパーを先に入れて、次に下部ストッパーを入れます。

度つきインナーフレームのゴーグル取付方法
度付きゴーグルに変身

Ⅲ.次に下部ストッパーを入れます。ゴーグル等のノーズ(鼻)部分に(ゴーグルインナークリップ)をのせるように上部ストッパーを押し上げ、下部ストッパーを取り付けて下さい。(ご使用になるゴーグル等により、ノーズ部分にのらず、下部ストッパーで支える場合もあります。)

雪目とは

太陽光に含まれる紫外線を浴びることによって前眼部に病変が生じることです。雪目(雪眼炎)は、その急性照射によって発症し、スキー、登山、雪山での作業などの際発症する疾患です。

太陽光のうち、可視光線の波長は400nm(紫)~760nm(赤)の幅を有する。可視光線のすぐ短波長域を紫外線と呼ぶ。さらに紫外線はその波長によりUVーC(200~290nm)、UV-B(290~320nm)、UV-A(320~400nm)の3種類に分類する。UVーCはオゾン層によって吸収されるため地上に届く太陽光に存在しないとされている。また、波長300nm~400nmの紫外線は、角膜を通過しそのほとんどが水晶体に達するので白内障を引き起こす可能性が問題となるが、角膜では、病変をおこさず、200nm~300nmの波長の紫外線が角膜に吸収され病変を引き起こしやすい。なかでも260nm~280nmの紫外線に対し、角膜は最も感受性が高い。

以上のように、太陽光に含まれる紫外線を多量に浴びて点状表層角膜炎などの角膜障害を引き起こすことが、いわゆる「雪目」である。太陽光に含まれる紫外線は大気で吸収されるので、地上に降り注ぐ量は、夏季ほど多く、1日では昼に多く、高度が高くなるほど多く」なる。いったん地上に降り注いだ紫外線は地上で反射されるが、草土ではそのほとんどが吸収されるのに対し、雪面では反射率がきわめて高くそのほとんどが反射される。したがって雪山では上方からも下方からも紫外線を受けることとなる。一般的に、雪山スキーでは1~2時間を超えて行うと角膜病変が発症するとされている。

雪目の症状

角膜の細胞が傷つき、眼に炎症を起しているのですから、眼にゴミが入った時のように「眼が痛い」「眼がコロコロする」と感じたり、見た目にもすぐ分かるほど「眼球(白眼)が赤く充血する」「瞼が腫れる」といった症状がみられます。

ただ、紫外線をたくさん浴びてしまったからといってすぐに症状が現れるのでは無く、スキー場からの帰路で「眼がショボショボする」と感じるのが初期症状、その日の夜、または翌朝に具体的な症状が出てきて、痛くなるのが普通です。

ヒドイ時は「涙が止まらない」「痛くて眼が開けられない」「瞼がパンパンに腫れあがる」になることもあります。女性だと外出できないくらいヒドイ顔になっちゃうかも知れません。

取材店舗

尼崎市神田中通り3丁目43番地メガネのアマガン センター店
スポーツメガネ・サングラスプロショップ

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。当店では、スキー、スノーボードどきの度付きゴーグル対応インナーフレーム等を製作する加工機および検査機を設置しております。

メガネのアマガン センター店…・・・こちらへ

メガネのアマガンセンター店のこだわりコーナー

メガネのアマガンセンター店スポーツメガネコーナー
スポーツメガネコーナー

深視力コーナー
スポーツメガネコーナー
度付きスポーツサングラスコーナー
強度近視メガネメガネコーナー
跳ね上げ式メガネコーナー
大きいメガネメガネコーナー
色弱メガネコーナー
丸メガネコーナー
メガネ/サングラスこだわり修理コーナー
ロービジョンコーナー

[最終更新日] 2021年12月07日 /[公開日] 2021年10月26日
カテゴリー:メガネ一覧,スポーツメガネ


TOPへ戻る