TEL 06-6411-8965

メガネ修理&サングラス修理

メガネ修理&サングラス修理|兵庫県眼鏡専門店

メガネ修理サングラスの修理は長年培った技術が必要です。お気に入りのメガネフレームやサングラス、プレゼントでいただいた眼鏡枠やサングラス、形見で残しておきたい思い出のK18(金)や鼈甲や白金、セル素材等の壊れたフレームは、ほとんどの場合は修理ができます。諦めないで下さい。
世界でたった1本のお気に入りのメガネが、ちょっとした不注意で踏んだり、落としたり、引っかけたり、何かの拍子でお気に入りのメガネやサングラスが壊れて残念に思ったことはないですか?・・・また、長年愛用している眼鏡、買って間もないメガネフレーム・レンズが高額だった、かけ心地がいいメガネだったのに、おしゃれなサングラスや色々なケースで愛着のあるメガネを壊してしまうことがあります。

眼鏡枠修理専門店

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

当店では、培った長年の眼鏡技術を駆使して、愛着のある眼鏡枠やサングラスフレームの修理を承っております。

また、修理だけではなく、メガネフレームのメタル系素材のカラーメッキによる色変更、耳に当たる先セルや鼻に当たるパッド等のリフォームも可能です。

馴染みのある眼鏡やサングラスの修理をご提案

まき直し法レンズが入っているリム上部の切れた状態。および修理出来上がり。

・新技術によりリム巻直しによる眼鏡修理です。継ぎ目もなく新品フレームのように仕上がります。

添木法レンズが入っているリム上部の切れた状態。および修理出来上がり。

・切れた部分に金属の添木をロー付けします。極力表面からは判りにくく仕上がります。

セルフレームの丁番の外れ、折れ。および修理の出来上がり

・アセテート素材やセルロイド素材で出来ているフレームの丁番の外れや折れの埋め込み修理です。

ばね式テンプルの不良修理。および修理出来上がり状態。

・テンプル(耳に掛かるツル)のバネ式タイプの不良状態を、最新の技術で元通りに仕上げています。

「匠」優れた技術を持った職人と最新の設備で・・・

眼鏡修理には技術が必要。
メガネ修理には、様々な専用工具とともに熟練した技術職人の匠の技が必要
あらゆる素材のメガネの修理は可能です。
レーザー溶接を行うことで、メッキをあまり剥がさずに、溶接修理が可能です。
カラーメッキを行う工程です。

職人がこれまでの経験と知識をもとに、昔ながらの技法と最新の設備を使い1本1本手作業で仕上げています。皆様が思われているより眼鏡フレーム、サングラスのフレームは手間暇がかかります。

高品質な商品を製作するためには、手作業でしか加工ができないところ、機械でしか仕上げられないところを見極めることが大切なのです。

メガネ修理・サングラス修理のその一例

セルタイプフレームのお鼻が当たる箇所を足付きタイプに変更できます。

一般のサングラス内側→セルタイプのサングラスはほとんどが、お鼻の当たる箇所が固定式になっています。

お鼻が当たる箇所が固定

お鼻に当たる所に取り付けるパット足。→その1固定式タイプから調整可能式タイプに様変わり。→その2固定式タイプから調整可能式タイプに様変わり。

調整可能なパッドに変更

※セルタイプの素材によっては出来ない場合があります。

デザインの気に入っているセルタイプの眼鏡フレームやサングラスだけど、掛けていると鼻が低いからよくズレル、頬にフレームが当たる等、煩わしいと思っておられる方にお薦めのリフォームです。

当店において修理の多い箇所

1)クリングスの修理

お鼻に当たる鼻あての土台(クリングス)の折れ。
ランキング1

2)智部の修理

ヒンジ部の折れ。
ランキング2

3)ブリッジ部の修理

ブリッジ部の折れ。
ランキング3

修理前と修理後

1)メタルタイプのテンプル(ツル)の輪切れ

ツルの接続部の輪切れ。→修理完了。

・レーザーロー付けで行います。レーザーロー付けはレーザーを照射して溶接をしていきます。溶接部分に“チクニロウを流し込んでいきます。従来のロー付け方法(熱伝導)と違って、表のメッキが焼け焦げることはありません。

2)ナイロールフレーム(下部リム無し)のリム切れ

フレームの耳側の上部折れ。→修理完了。

・フレーム上部の耳側の横切れはもちろん、縦割れも修理は可能です。基本的にはレーザー溶接ですが、材質等に問題がある場合には、従来のロー付け法で行います。

3)セルタイプのテンプル輪切れ

セルタイプのテンプル丁番折れ。→修理完了。

・セルテンプル(耳に掛かるツル)の接続部(丁番)をロー付けするとアセテートが溶けてしまうため、熱が届かないところまで3cmほど裏側の生地をカットします。その後、ロー付けをし、カットしたところに似た色の生地を貼り合せて研磨し、形を整えます。

4)セルタイプのブリッヂ折れ

セルタイプのブリッジ(中央部)の折れ。→修理完了。

・折れた箇所付近の表側と裏側の生地を少し削り、その部分に類似色の生地を張り合わせて繋いだ後、研磨をして形を整えます。生地の模様や色が特徴な場合は、繋いだ痕が残ることがあります。

*セルタイプの修理や劣化が激しいいものは修理が出来ない場合があります。

修理期間中にお貸しさせて頂くための仮フレーム

修理をする場合、ほとんどがお預かりさせて頂かなければなりません。このような場合に仮フレームを用意いたしました。

・修理する場合のほとんどがお預かりさせて頂くことになり、出来上がるまでには日数が必要です。場合によっては、1本の眼鏡しかお持ちでない方もいらっしゃると思われます。このような場合には、修理されるフレームのレンズを利用して、仮フレームに取り付ける枠を準備しました。クリップで挟み込むタイプになります。

*修理は殆どが手作業で行うために、失敗の恐れもございます。熟練した技術者が行うのですが、万一失敗の場合に、修理前の状態に戻すことが出来ないリスクをご理解いただければ幸いです。
*掲載商品は予告なく変更する場合がございます。


メガネ&サングラス修理の情報発信基地

眼鏡修理は、一見簡単そうですが技術と手間と日数が必要なのでです。メガネ修理の最終検品までの工程で約2~3週間が必要です。下記参照。

①.荷分け

修理品を専用ケースに収納
部門別に分ける作業

・お客様から郵送された修理品を、専用ケースに修理内容に応じて部門別に分けていきます。いろんなタイプのメガネがございますが、大きく分けて金属素材と有機素材があります。
金属素材には、チタン、アルミニウム、ニッケル合金などの金属素材を使ったフレームで、一般的には「メタルフレーム」と呼ばれています。ハーフリムフレーム(ナイロール)や縁なしフレームなどスタイルも多種類に及びます。アセテートに代表されるプラスチック素材フレームなどを有機素材フレームと称しています。



②.受付

修理商品をパソコン管理
修理内容を登録

・お預かりしたメガネの修理品を預かった状態、メッキの種類、メガネ修理箇所など受付にてパソコンに入力していきます。スキャナーにて画像を取り込み、サーバーに保存しておきます。この受付を元に現場の作業が全てすんでいきます。

③.修理開始

熟練作業による修理開始
見積もり後修理開始

・メガネフレームのタイプに区分けされた状態(一般メタルフレームとプラスチィックフレーム区分け)から、それぞれの修理担当者の元で、メガネの全体の状況を把握した上で修理を開始いたします。例えば、パッド(鼻当て)部が取れてなくなった、レンズ止めがとれてなくなった、モダン(耳当て部分)が折れたなどの症状の把握した上でのメガネ修理が重要である。

④.バラシ作業(メタル眼鏡フレーム)

パーツ、レンズのバラシ作業
眼鏡の解体作業

・お預かりしているメガネフレームのネジ、パット、先セル、レンズ等全てを取り外し保管いたします。眼鏡修理前の作業です。 この修理作業はメッキ剥がしをするために行なう作業です。

⑤.メガネの修理を行なう前のカラーはがし作業(メタルメガネフレーム)

全体のカラーメッキを剥がす作業
カラーメッキ剝がし作業

・お預かりしたメガネフレームのメッキやIP加工によって製造されたフレームの表面のカラーを剥がす作業を行ないます。メガネの修理で一番重要な作業かもしれません。この作業は破損箇所に新たな部品を「しっかり」させるために、細心の綺麗な処理を行なうことで堅牢なフレームになります。

⑥.メガネ修理におけるロー付け作業(メタル眼鏡フレーム)

折れた箇所をロー付け
ロー付け作業

・破損箇所の接続部(ロー付け部)を綺麗に除去した後に、新たな部品を熱処理をお行い(ロー付け)取り付ける作業を行ないます。すべて、ベテランの熟練した技術者がきめ細かい手作業で行ないます。その後、仕上がりの耐久性テスト(検品)を行い次の工程に流れます。

⑦.綺麗なメッキの仕上げを行なうため磨きの工程 

メッキ及びミガキ作業
再メッキ及び研磨作業

・眼鏡フレームの破損箇所のロー付けがキッチリ出来上がっているかの確認後、フレーム全体を磨いて表面を綺麗に磨く工程を行ないます。

⑧.砂打(ホーニング)の工程

メッキの濃淡を無くす作業
バフ作業

・フレーム全体の磨きが終了した後に、メッキが単一のカラーであれば磨き作業で終了ですが、メガネフレームにカラーの濃淡やツヤが単一でなかった場合には、その箇所でけを磨き作業と違って、バフ作業を行なうことでフレームのカラーメッキのツヤ出しなどの下地を行なう。

⑨.メガネ修理の最終工程メッキ出し(殆どがメッキ専門業者での作業)

表面コーティング加工
表面処理作業

・用材を容器(釜)にいれ、熱処理により表面にコ-ティングする加工。但し、表面は顕微鏡などで見ると人間の毛穴のように小さい穴が無数にある。そのため、技術の差で表面の剥離が早い。メッキのコーティングの厚さ、熱処理には各メーカー、各国ちがいがあります。その他のメッキ加工として「IP加工」「張り加工」があります。

⑩.眼鏡修理でのメッキ入れ工程

キズやカラーの濃淡などをチェック
メッキ工程からのチェック作業

・メガネ修理の最終工程として、メッキ工場から戻ってきた商品のメッキの仕上がり具合を検品する作業で、キズやカラーの濃淡などをチェックする作業です。ここまで工程が進むと殆ど完成品に近い状態になっています。

⑪.メガネの修理作業における七宝付作業の工程

元の状態に近いカラーで七宝付け
七宝付け作業

・眼鏡のフレームのデザインは色々あり、国内で製造されたメガネフレームから、海外で製造されたメガネフレームまで、そのメガネ修理は1本1本が独特な加工技術で製造されている眼鏡フレームも多く、右写真のようにテンプルに花柄をデザインして七宝付に元の状態に近いカラーを製作する工程です。

⑫.組み付け作業

取り外したパーツの取付
部品の組付け

・メガネの修理を行なう前に取り外した部品を取り付ける作業です。このような作業工程でメガネ修理を進めてまいります。メタルフレームの作業工程を書かせていただきましたが、金無垢、セル枠の眼鏡修理はまた違った作業工程になります。



⑬.最終チェック

発送前の最終チェック
最終チェック

・出来上がったメガネの修理箇所及び全体のメッキ状態などを総合的にチェックする作業です。殆どのメガネフレームが最初購入した時に近い状態に復元できます。気にいったフレームであれば眼鏡修理をお勧めいたします。













[最終更新日] 2021年11月21日 /[公開日] 2020年11月16日
カテゴリー:メガネ一覧,メガネ修理&サングラス修理


TOPへ戻る