TEL 06-6411-8965

深視力メガネ

兵庫県尼崎市の深視力メガネのプロショップ

初めて大型免許、中型免許、準中型免許、けん引免許、普通二種免許、中型二種免許、大型二種免許を取得する場合や、更新される場合には、通常の視力検査以外に深視力検査という遠近感を捉える目の能力を検査されます。

初めて受けられる方にとっては、戸惑われる方もいらっしゃるようです。でも万一不合格でも深視力用メガネで改善できる場合があります。

メガネのアマガンセンター店2階には深視力検査室があり、不合格のかたには練習を行っていただけます。
深視力メガネのプロショップ

西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、深視力検査を実施しているメガネのアマガンでは、運転免許センターと同型機種を設置して深視力測定を行っています。

深視力検査

試験場と同機種深視力検査機
深視力検査機
深視力検査の内容

運転免許センターと同型機の深視力検査機を設置して、体験していただいております。深視力検査の合格のコツとして、練習(トレーニング)が必要です。但し、両眼視機能が正常であることが必要です。

深視力=立体視=遠近感

深視力検査の様子
深視力練習
深視力検査の指標

深視力検査機の中には3本の縦の棒があり、真ん中の棒が手前から奥へ、奥から手前へと移動します。3本の棒が一直線に並んだ時に棒の動きを止めます。

大型免許、二種免許の取得時には、視力検査だけでなく、深視力検査というもっとも高次元な眼の機能である立体視の検査が必要とされている。つまり、深視力検査をおこなう最大のポイントは、運転者の遠近感が性格に認識されているかを確認する事であります。
深視力検査により、重大な交通事故を未然に防ぐことにあります。

深視力とは

人間は両眼を持って物体像を認識しています。(両眼視機能)両眼とも1つの物体を同時に目の一眼の奥の網膜に像を映し、1つの物に融像しています。このような状態を同時視ともいいます。
深視力はこの融像視と違って、左右の目にそれぞれの網膜に映った像の位置が異なることで遠近感を感じることにより運転時の物体の位置が把握できるのです。

深視力が苦手な方や不合格になった方のケース

  1. 裸眼視力か矯正視力が悪く3本の棒が明視できない場合。
  2. 深視力検査の内容が認識できていない場合。
  3. 両眼視機能が不都合な場合。

深視力が苦手な方や不合格になった方の対策として

上記1.の場合は、

遠用の矯正眼鏡、深視力メガネやコンタクトレンズで深視力は合います。

上記2.の場合は、

1度体験していただくことで認識できると思われます。認識できにくい場合は練習していただくことで殆どの場合深視力は合います。

上記3.の場合は、

両眼視機能が、補正できる場合とできない場合があります。できる場合としては、斜位という眼位の異常や輻輳(眼筋の内寄せ)の不完全等によって両眼視が低下している場合は、深視力眼鏡による両眼視機能の矯正トレーニング等によって改善されると思われます。

できない場合としては、眼のケガや眼の病気等により片眼の視力が著しく低下している場合や斜視によって同時視ができない場合が考えられます。

タクシードライバーと深視力のお話

タクシー、バス、トラック等と深視力の関係は重要です。
職業運転と深視力は重要

車の運転で事故を起こさないための意識として、人や物をさけるハンドルさばきやブレーキをかけるタイミングに十分注意しなければなりませ。そしてハンドルさばきやブレーキのタイミングは、人や物と自分の距離を正しく見極めることによって、正確さが生まれます。

つまりドライバーには、距離感や位置関係をしっかり見極める眼=深視力が必要だというこです。これは自動車に限ったことではなく、オートバイや自転車でも同じです。

社員数1,500名のあるタクシー会社で、何回も事故を起こしたことのあるタクシー乗務員40名に、深視力の検査を行いました。すると40名中25名(62.5%)に異常が認められました。これは、驚くべき比率です。

自動車運転免許試験場では、二種免許取得に際して深視力の検査を行いますが、不合格率は4%にすぎません。

早速その25名に対して、メガネを合ったものに変えさせるなどにして、深視力を上げるように指導しました。その結果、明らかに事故が起きる割合が減ったそうです。

このようなことから、一般の普通免許取得どきや更新どきにでも深視力検査を実施できれば事故を起こす確率が減るのではないでしょうか?

深視力検査が苦手な方について

大型免許や普通2種免許取得、更新時の深視力検査が苦手な方は深視力検査機での練習(トレーニング)で万全!但し、両眼視機能が正常であることが条件です。 万一、不合格の場合でも両眼視機能が正常であれば深視力メガネを作製すれば大丈夫です。兵庫県公安委員会同機種設置をメガネのアマガンセンター店に設置!

深視力検査機の検査状況
深視力トレーニング

深視力テストが苦手な方は、一言でお伝えするのであれば「練習」で改善いたします。

但し、両眼視機能が正常であることが必須条件になります。

苦手な深視力検査も練習で安心!・・・こちらへ

深視力眼鏡のメガネはこちらへ・・・

深視力眼鏡以外のメガネはこちらへ

*掲載商品は予告なく変更する場合がございます。


深視力の情報発信基地

視力が良くても、                      深視力が苦手な方は沢山いらっしゃいます。

下記、1)~4)は、深視力が合いにくい方々へ 5)は見る力が安全運転に繋がる余談なお話

深視力が苦手な方の検査。
オートレフにて遠視、近視、乱視等を測定

1) 遠視、近視、乱視等(視力の不良)の方

目は何かを見る時に、“見ている物体”にピント(焦点)を合わせて見ています。(角膜の後方の水晶体を含まらしたり、縮めたり)カメラのオートフォーカスのような感じです。目がピント(焦点)を合わせられる範囲(目からの距離)によって、近視や遠視などの目の屈折状態が決まってきます。

近視は、近くにはピントが合いますが、遠くにはピント合わない目です。ピントを合わせられる範囲が近すぎるのです。そのため、近くは見えますが、遠くはぼやけて見えにくくなります。
反対に、ピントの合う範囲が遠すぎる目を遠視といいます(但し、成人者の遠視は水晶体の調節力内でピントを合わす)が、幼児の遠視は遠方も、近方もピントが合わない状態になっています。
乱視は、見るものまでの距離にかかわらず、2方位のピントを合わせなければならなくなり、どこにもピントが合わない目です。つまり、常にぶれたり、ボヤケたりして見えにくい目なのです。そして近視や遠視に乱視が加わると、さらに見づらくなります。

深視力検査が苦手な方に多い眼位の異常検査。
視力補正

2) 眼位のズレ(斜位、斜視等)がある方

現代社会において、眼からの情報量は格段に増えています。
情報量が増えるということは、「眼が疲れる」原因になるのは言ううまでもありません。眼の疲れは自律神経の乱れに繋がり、心身のトラブルを引き起こしたり、肩こりの原因、脳の疲れにも繋がり、場合によっては免疫力も下がるとも言われています。

情報量の多さがもたらす眼の疲れに、①.有害光線 ②.照明の不良等の外環境によるものや、③.身体の不調 ④.ストレス ⑤.体質的要素等の体内環境によるもの、最後に、視機能によるものとして、⑥.屈折異常(遠視、近視、乱視) ⑦.調節異常(老視) ⑧.斜位(視線のズレ) ⑨.輻輳力が弱い(眼を内側によせる力) ⑩.不同視(左右の度数が大きく異なる) ⑪.不適切なメガネ ⑫.眼部疾患などがあると思われます。
また、①より⑫の中の⑧.斜位は特に深視力との関係は深いと思われます。斜位のことを「隠れ斜視」と呼ぶこともあります。
斜視と斜位の違い
・斜視  
正面の物を見ようとした時に、片方の目が正面を向くにもかかわらず、もう片方の目が違う方向を向いている状態です。目の方向によって、内斜視や外斜視などに分かれます。
・斜位 (隠れ斜視)
普段は両眼とも同じ場所を見ている(両眼視)のに、片眼ずつ調べると視線がズレている状態をいい、わずかな斜位はほとんど人に判りません。そのため、両眼で物を見ることができますが、潜在している眼位異常によりスムーズな両眼視機能ができません。

深視力検査の様子。
深視力確認

3) 眼を内寄せする力不足、眼を外寄せする力不足等がある方

(眼球運動の不良)両眼の眼球運動には、むき運動とよせ運動があります。
Ⅰ.むき運動とは、両眼で同じ方向を向く共同性の運動です。
むき運動には、衝動性眼球運動(サッカード)と追従眼球運動(パースーツ)があります。

・衝動性眼球運動(サッカード)
見ようとする対象物に、素早く視線を向け、網膜の中心窩に投影するための眼球運動です。
・追従眼球運動(パースーツ)
空間を移動する対象物に視線が追随して動き、ゆっくりと対象物を注視し続ける眼球運動です。
Ⅱ.よせ運動とは、両眼が反対方向へ動く非共同性の運動をいいます。
よせ運動には、輻輳と開散があります。
・輻輳
両眼が内側(鼻側)に、向いています。
・開散
両眼が外側(耳側)に、向いています。
これらが原因で、深視力が合わない方がいらっしゃいます。

深視力検査練習。
両眼視確認

4)不同視(左右の度数差が大きい)等がある方

左右で屈折度数(遠視、近視、乱視の度数)が大きく異なっているものを不同視といいます。このような方は眼位のズレを伴っているケースが多く見受けられます。このよな場合も深視力が合いにくい方が多くいらっしゃいます。

5) 余談なお話:車の運転と目に見えない「見る力」

私達の身体は全て繋がっていて、当然見ることと身体も繋がっています。普段見ることは当たり前で無意識に行われていると思います。
見ることを意識するのは、視力測定や探し物をしているときぐらいです。そこで知って頂きたいのが「眼が身体をリードする」ということです。車の運転は、目をつむってしまえば1mも動かすことはできません。バック走行なんてとても無理です。運転時は、歩行者・自転車・車幅・信号・対向車・標識など無意識に見て、刻々と変わる状況に応じてハンドル、ブレーキ、アクセルを操作をしています。ハンドルを切ってから見る人はいません。行動の前に「見ること」が必ずあります。行動が制限される状況といえば、大雨の日で視界が悪いときや道が狭いとき、人混みの中を走るとき等です。こういった場合、判断・反応するまでに時間がかかるため、速度を落とし慎重な運転になるでしょう。
コンディションが悪いときも同様に、判断・反応するまでに時間がかかります。このように「見る力」が足りない、あるいは状況の変化により「見る力」が正確に発揮できないと運転技術は低下し、体調が悪いときは、「見る力」自体が低下します。車の性能や運転の技術も大事ですが、眼から入る情報が少なければ危険です。

深視力状態をチェック・・・

深視力検査が不適正な方にとって、適正な深視力を保持する為の深視力のコツは、第一が深視力検査器での深視力練習、第2に深視力のトレーニングを、ご家庭やお仕事場で行なうことと思われます。第一の深視力検査器での深視力練習は、当店メガネのアマガン センター店2階での公安委員会と同機種での深視力練習を行なって戴くことや、深視力のトレーニングを行なっていただくことと思います。
ここでは、その深視力検査を適正に合格いただける「チェック方法」(判定結果でご深視力年齢が判ります)、そのチェック方法によるトレーニングを下記に列挙しましたので、一度試しに行なってみて下さい。

深視力を向上させる視生活。
簡易的深視力測定

<深視力適正簡易チェック> 左イラスト
①今、ご自身がいる位置からドアまでの距離を眼で見て素早く言い当ててみてください。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
②机の角から角までの距離を言い当てて見てください。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
③床から天上までの距離を言い当ててみて下さい。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
④自分の膝小僧から地面までの距離を測して下さい。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
⑤自分の人差し指の長さを推測して下さい。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。

以上、5つのポイントについて、自分が推測する距離をメモにとり、実際の距離をメジャーで測ってください。
・判定結果(大凡の一致)
□五個ほとんど正解    深視力年齢20歳~30歳代
□三~四個正解      深視力年齢40歳~50歳代
□二個以下        深視力年齢60歳以上
例えば、階段を踏み外したり、ものにぶつかったりというのは、この深視力がうまく働かないからです。
つまり、深視力とは、両目をバランスよく使って距離を把握する視力のことで、老眼になると眼を寄せる働きが低下し、寄り眼がしづらくなって、両眼視ができにくくなって、左右どちらか一方の眼を中心に見ることになって、みるものが平面的になり、距離感の把握が難しくなる面があるため、年齢が高くなるにつれて、深視力の低下がおこります。今回は、その深視力を少しでも向上させる1つの深視力トレーニングとして一度試して見てください。

ご家庭で出来る簡単な深視力向上トレーニングのご紹介

*下のイラスト 被検者は右目をドアのノブに、左目は鏡に映ったボールに焦点を合わせる。イラストでは、ボールの像がドアのノブに重ね合わされている。

ご家庭で出来る深視力検査の方法。
深視力トレーニング

その1:

両目の網膜に写った像を1つにまとめる機能(融像)の能力の向上を目指すことで、両方の目が一体となって機能するようにトレーニングすること。

用意するもの:

小さい鏡、20×30cmの細工用紙(青・黄色各1枚)、セロテープ。

方法:

前の壁から約60cm、横の壁から60cm離れたコーナーに立つ。前の壁には青の紙、横の壁には黄色の紙を、それぞれ目の高さに止める。鏡を鼻につけても、横の壁に近い方の目で鏡に映る黄色の紙が見られるようにする。もう片方の目は正面の青い紙をそのまま見る。鏡の角度をゆっくり動かし、黄色の紙が青の紙に混じって見えるようにする。向きを変えて、もう一方の目でも同じことをくり返す。時間は2分。

注意:

このドリルが上手にできれば、ご自身の左右の目は両眼視としてうまく機能していることがわかる。逆に、2つの像が重なりにくいときには、片方の目からの像を抑えているのである。たとえば、前の壁の青い紙が見えるけれども、鏡の角度を変えていっても、その上に黄色の紙を重ねることができない。この場合は、黄色の紙を見るはずの目の像を止めているのである。練習すれば、2つの目が一緒に、1つの焦点で物を見る機能としてトレーニングすることができるだろう。

*下のイラスト 鏡を使ってなぞるエクササイズのための図。

ご家庭で出来る深視力検査。
深視力練習

その2:

両目の網膜に写った像を1つにまとめる機能(融像)の能力を強化し、1つあるいは両方の目の抑制を解くこと。そして両目の連携運動の能力を強める。

用意するもの:

小さい鏡、20×30cmの白い紙2枚、フェルトンペン。

方法:1枚の紙に3つの違う図を描く。例)音符、バスケットボール、逆三角形。何でも自分の好きな図柄でいい。

部屋のコーナーで、前の壁から約60cm、横の壁から60cm離れたところに、椅子をおいて座る。何も書いていない紙を、前の壁の目の高さにテープで止める。図を書いた紙は、横の壁、耳の高さに止める。鏡を自分の鼻につけてもち、横の壁に近いほうの目で鏡に映った図が見られるようにする。もう一方の目は直接正面の白い紙を見る。ゆっくり鏡の角度を変えながら、白い紙の上に図が重なって見えるようにする。利き手で、白い紙の上に、重なって見える図をなぞっていく。時間は5分。

注意:初めのうちは、図を重ねるのがなかなかむずかしい。なかには図をなぞうろうとしても、図を重ねた状態に保つのが大変な人もいるが、このような状況も抑制を示すものである。しかし、練習すれば、図を重ねることも、正確になぞることもできるようになる。これがいつもできるようになれば、あなたの両方の目は1つになって連携して機能しているのである。

深視力アップについて・・・

老眼が進むと、距離感が把握しづらくなります。すると、階段を踏み外したり、車の運転で距離を把握できなくて事故を起こすことにもつながります。目で距離が合わなくなると、脳でも距離が合わなくなっています。そこでこの両者を強化していきます。

ご家庭で出来る深視力検査の方法。

距離当て法:

1)距離が目測で測れるかどうかを確認していきます。

これは、身近にあるものなら何でもかまいません。目の前にある時計でも、壁にあるカレンダーでもOKです。自分のいる場所から、あるものまでの距離を素早くこたえます。

2)

[最終更新日] 2021年04月11日 /[公開日] 2020年09月26日
カテゴリー:メガネ&サングラス&ゴーグルの情報発信基地


TOPへ戻る