TEL 06-6411-8965

ダイビングマスク度付き

スキューバダイビングマスク度入り

ふだん眼鏡をかけている方にとって、より快適で正確な視力を水中で得たい場合には、オーダーメイド品で近視、遠視、乱視を各自に合った度数、瞳孔距離で製作(度付きダイビングマスク)が可能です。また、水上で良好な視力を重視する見え方の度数と、水中での見え方を重視する度数は変わります。

スキューバダイビングは、一般の人がますます近づきやすくなったレクリエーションである。

そのため、とくに未熟なダイバーにとってはかなりの危険を伴うものであり、視力が正視の方でも浸水中は42Dの遠視になる。これは通常の空気ー角膜境界面が水ー角膜境界面に置き換えられることによって、光線が網膜後方に焦点が結ぶからである。網膜後方に焦点が結ばれると「遠方」「近方」とも物体がボヤケてしまいます。

浸水中のフェイスマスクの使用が根本的に見え方のリスクを減少させるが、眼損傷は、さまざまな状況で起こりうる。浸水において考慮すべき最も重要な眼の問題は、適切な水中の視覚と減圧に関連した問題である。つまり、フェイスマスクやゴーグルをつけることによって空気ー角膜境界面が回復し、視力が改善する。が、しかし、マスクの水ーガラスー空気境界面での光の屈折は、約25%の拡大効果を起こし、距離を認識するじゃまとなる。

シュキューバダイビングどきの目の危険・・・こちらへ

Mー7500シリーズ ベストセラー

NG:M-7500 BP TUSA

フレーム寸法:71×156mm/重量:185g

スプレンダイブⅡM-7500:日本人の顔によく合うフィッティングラインで、心地よい装着感。コンパクトなフレームと左右共通形の2眼レンズが、顔全体をバランスよく見せます。

・軽量、コンパクトなベストセラーマスク

・日本人向けのなだらかなフィッティングライン

・ソフトな顔当たりで装着痕が残りにくいラウンドエッジ構造

・度付きレンズ対応

NG:M-7500 01BK TUSA
NG:M-7500 08FY TUSA
NG:M-7500 02CBL TUSA
NG:M-7500 09W TUSA

NG:M-7500 04CLB TUSA
NG:M-7500QB 01BK TUSA
NG:M-7500QB 03FB TUSA

視力補正について:

屈折異常をもつダイバーにとって、屈折矯正ダイビングマスクをつけることは可能である。

一方、ソフトコンタクトレンズを装用して非矯正マスクをつけることも可能である。ソフトコンタクトレンズは浸水中の使用によく耐えうるようである。

ただし、フェイスマスク中にコンタクトレンズを落としてしまうことがあり、そのため浸水中に危険にさらされる可能性があることをダイバーは知っていなければならないと思われる。また、ハードコンタクトレンズにおいては減圧中の問題があるために深い浸水をするときには禁忌である。

Mー20シリーズ

NG:Mー20 01BK TUSA

フレーム寸法:75×171mm/重量:185g

レンズを直接アウターフレームで固定するダイレクト・サッシング・システムによって超スリムフレームを実現し、上下左右の広角視界を確保。

プラチナMー20:独自の細く薄いフレームが、左右の分割感がない、まるで1眼マスクのような視界を実現しました。目とレンズの距離が近くて広い視界が得られます。日本人の顔に合うなだらかなフィッティングラインを採用したマスクです。

・左右の分割感がない1眼マスクのような視界

・日本人向けのなだらかなフィッティングライン

・目とレンズの距離が近くて広い視界

・軽量、コンパクトなデザイン

・度付きレンズ対応

NG:Mー20 07W TUSA
NG:Mー20 09FB TUSA
NG:Mー20QB 05FB TUSA

・フレーム寸法:75mm×171mm/重量:185g

ブラックシリコーンタイプMー20QB:

フレームが薄く、カメラのファインダーに目を近づけることができるため、見やすくなります。

・サイドからの光をカットし、ファインダーに集中できるブラックシリコーンタイプ。

・左右の分割感がない1眼マスクのような視界

・日本人向けのなだらかなフィッティングライン

・目とレンズの距離が近くて広い視界

・度付き対応

NG:Mー20QB 04BK TUSA
NG:Mー20QB 06W TUSA

度付きの種類について:

Ⅰ.既成度付きダイビングマスク

メーカーで用意されている度付きダイビングマスクを使用する場合。

既成のダイビングマスクは乱視の度数補正はできません。また、お一人お一人の左右の眼の瞳孔とレンズの光学的中心があっていません。この左右の瞳孔距離をPDといって、このPDがズレることによって視線のズレが発生し、レンズにプリズム作用現象がおこり、物体が二重に見えたり、眼精疲労が生じたりすることがあります。しかし、強度近視や遠視の場合や、50歳を過ぎて手元が見ずらくなってこられている方等を除けば、短時間の使用の場合には極端に問題はないかも知れません。

Ⅱ.オーダーメイド度付きダイビングマスク

お一人お一人に合わせて制作する度付きダイビングマスクを使用する場合。

近視、遠視、乱視、老視などの屈折異常、老眼においては完全に合っているものが理想ですが、そもそも海中の中では正視の方の見え方は、遠方、近方ともボヤケテ見えるために、通常の生活において眼鏡を掛けている人にとって、ダイビングどきのオーダーメイド作製度数は一般メガネの度数と違った度数になります。

一般メガネは空気中で装用しますが、当然のことながらダイビングマスクは水中で装用します。メガネの度数は空気中で使用するのに快適な度数に調整しておりますが、その度数はそのまま水中での快適な使用にあてはめる事はできません。

・アダルトまでの方

一般メガネの場合、目⇒空気⇒レンズ⇒空気⇒見る物と介して認識します。ところが、ダイビングマスクの場合、目⇒空気⇒レンズ⇒水⇒見る物となります。ここで問題となるのは空気(屈折率nd=1)と水(屈折率nd=1.33)の屈折率の違いです。小学校の理科の授業で習ったと思いますが、コップに水を入れてストローをさした状態で、ストローをコップを通して横から見たときに、水面でストローが折れ曲がって見えることを思い出して頂ければ幸いです。また、水中メガネで水中を見た場合、物が大きく見えたりするのはこの為です。そのため、一般のメガネの度数と同じ度数レンズを水中で装用しても同じ見え方をするかどうかは疑問になってきます。ダイビングマスクで一般のメガネと出来る限り同じような見え方を得ようとすれば、近視の方であれば一般のメガネよりも緩めの度数が良いと思いますが、それは、①ダイビングマスクのレンズ面と目の距離(一般メガネは12mm)、②水中の環境(明るい/暗い/濁っている/透明など)によっても若干違ってきます。また、遠視の度数の場合は、一般のメガネの度数と同一にすると見たいものが遠くに感じることもあります。そのため、少し強めの度数が必要な場合もありますが、近視の方と同様に、①ダイビングマスクのレンズ面と目の距離、②水中の環境等を考慮した度数を考慮しなければならないと思われます。

・シニアの方

40歳後半からは老眼という問題がでてきます。これは、一般のメガネを掛けていない方も、近視の方も、遠視や乱視の方も同様に遠くが良く見える状態では、目の調節力の衰えから手元が見ずらくなった状態ですが、この状態も同様で一般の遠近両用メガネの度数で合わせた場合に、見る物が遠くに感じたり、ダイブコンピューターの確認や残圧計のチェックに苦労してしまうこともあるため、度数の選択時に考慮した方が良い場合もあります。この場合においても、①ダイビングマスクのレンズ面と目の距離、②水中の環境等を考慮した度数を考慮しなければならないと思われます。

製作店舗のご紹介:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1520-1-1024x683-4.jpg

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

当店では、眼鏡を掛けておられる方がスキューバダイビングをされる時に、度入りのスキューバダイビングマスクを製作させていただいております。

メガネのアマガン センター店・・・こちらへ

[最終更新日] 2021年03月21日 /[公開日] 2021年03月18日
カテゴリー:スポーツメガネ


TOPへ戻る