TEL 06-6411-8965

バレーボール

バレーボール時の度付きゴーグル&メガネのご提案

目が悪いため普段はメガネやコンタクトレンズを使用している方の場合に、恐らくコンタクトレンズの使用の方が大半と思われますが、コンタクトレンズが苦手な方もいらっしゃいます。場合によっては普段は眼鏡だけどバレーボール時のみコンタクトレンズを使うという方は少なくありません。が、しかし、男子のトップレベルではスパイクどきの時速150㎞を超えますが、一般的なスピードはここまでないですがボールが眼球に当たった場合の圧力は相当なものです。ましてバレーボール時にメガネは非常に危険です。

ボールが眼に当たる危険の実例

バレーボールどきの保護眼鏡のご提案
バレーボールと保護眼鏡 アイガード

デンソー・エアリービーズの鍋谷友里恵選手は、代表合宿中に至近距離からのボールが右目にあたって、全治1か月の網膜震とう症と診断され保護を目的にゴーグルを使用されているようです。
日本人で今までゴーグルをつけたバレーボール選手はほとんどいなかったので、テレビ放映の鍋谷選手のゴーグル姿が脳裏に浮かびます。

当店でも、2010年ごろに関西学院大学のバレーボール部の平井様とおっしゃる学生さんが、練習中にボールが眼にあたって網膜剥離をおこし眼科の先生より、今度、反対の眼に当たったら普通の生活が出来なくなるのでと言われ、当店でゴーグルをお求めにご来店いただいたことが、今回、実業団の有名な選手にも起こったことに驚いた次第です。

バレーボール時のアイガード その一例 度付き対応可能

商品名:SVSー600   メーカー日本 度付き対応可能

バレーボールどきの保護眼鏡SVS600ネイビー
フレームカラー:ネイビー

サイズ:50 幅125mm 上下幅:43mm カーブ:6

女性用バレーボールどきの保護眼鏡SVS600ピンク
フレームカラー:クリアピンク
バレーボールどきの保護眼鏡SVSホワイト
フレームカラー:ホワイト
バレーボールどきのアイガードSVS600クリアスモーク
フレームカラー:クリアスモーク
バレーボールどきのアイガードSVS600ブラック
フレームカラー:ブラック

フレームの特徴・・・こちらへ

商品名:GUARDIAN-S 001  メーカー日本 度付き対応可能

バレーボールどきのアイガードガーディアンGUARDIAN-S 001レッド
フレームカラー:レッド×ブラックレッド

サイズ:50 幅146mm 上下幅:41mm カーブ:4

バレーボールどきの保護眼鏡ガーディアンGUARDIAN-S 001スモーク
フレームカラー:クリア×ブラック
ジュニア用バレーボールどきの保護眼鏡ガーディアンGUARDIAN-S 001ネイビー
フレームカラー:ネイビー×ネイビー
バレーボールどきのアイガードガーディアンGUARDIAN-S 001ブラック
フレームカラー:ソリッドブラック×BK

フレームの特徴・・・こちらへ  

商品名:GUARDIAN-X 001 メーカー日本 度付き対応可能

バレーボールどきの保護眼鏡ガーディアンGUARDIAN-X001ブラック
フレームカラー:ブラック×ブラック      度入り可能

サイズ:57 幅152mm 上下幅:48mm カーブ:

バレーボールどきの保護眼鏡ガーディアンGUARDIAN-X001スモーク
フレームカラー:クリア×ブラック

バレーボールどきの眼の役割

バレーボールはあらゆるスポーツビジョンを、フルに活用しなければならないボールスポーツの1つです。ボールが大きく、始終高速でボールが移動するわけではありませんが、スパイクレシーブのときは、「動体視力」と「眼と手・足の協調性」がものをいいます。また、ボールを保持することができないので、次々に場所を変えていくボールを眼で追い続けなければなりません。これは、「眼球運動」の仕事となります。そして、移動するボールを確実に眼でとらえながら、敵の守備陣形を瞬間的に見て攻撃方法を瞬時に決め、また変更するためには「瞬間視」が威力を発揮します。このように、バレーボールどきの視機能の健常な状態が必要で、普段眼鏡をかけている方への対策として度付きのアイガードを考えていただくことも選択肢として頂ければ幸いです。

競技中の視機能の役割が大切なシーンをご紹介いたします。

□スパイクレシーブを確実にする動体視力 

バレーボールでのボールの移動は、サーブ、パス、トスなどについていえば、それほど遠くありませんが、スパイクは別で、男子のトップレベルでは、時速150㎞を超えます。そのスパイクを直接レシーブするには、野球の打者やサッカーのキーパーがそうであるように、すぐれた動体視力を必要とします。動体視力により正確にボールのコースをとらえ、すぐさま脳に司令を出し、レシーブの体勢に入らなければなりません。

□眼と手の協調性でボールを拾いまくる 

ブロックのこぼれ球、ワイヤーボール、フェイント、レシーブミスをしたボールなど、バレーボールでは、予測しにくいボールに対して、瞬間的に手を出して反応しなければならない場面が数多くあります。このとき必要とされるスポーツビジョンは、いうまでもなく眼と手・足の協調性です。0.1秒の反応差で、失点したり得点したりすることがあるのです。

□フェイントを成功させるには正確な瞬間視が必要 

相手のブロックが強力で、スパイクが決まらないと思ったとき、そして、相手のレシーブシフトの前方に穴があるとき、そんなときセッターは、ダイレクトスパイクを打ったり、フェイントを落としたりします。それらを成功させるには、もちろん巧みなフェイント動作が必要ですが、正確な瞬間視も欠かすことができません。ボール、ブロックの位置、シフトの穴などを瞬間的に把握し、賭けに出るかを判断します。

□強烈なスパイクを可能にする深視力 

スパイクは、トスアップのよさにかかっています。ネットからの距離、トスの高さ、タイミングなどがピッタリ合ったとき、強烈なスパイクが生まれるのです。しかし、どんなに理想的なトスアップでも、スパイカー自身が接近してくるボールにうまくタイミングが合わせられなければ、スパイクは失敗します。ボールとの距離感を正確に把握する深視力がすぐれていないと、ジャストタイミングでアタックすることができないのです。

□セッターは視覚化能力を高めるとよい 

ゲームのコントロールタワーであるセッターは、さまざまなイメージとアイディアにあふれていなければなりません。オープンスパイクで攻めるか、あるいはA,B,C,Dと各種あるクィックのうち、どれで攻めるか、はたまたバックアタックをねらわせるか、フェイントで意表をつくかなど。いづれの攻撃にしても、事前に頭の中にその攻撃のイメージを作り上げ、そのイメージ通りに攻撃を実現する能力が大切です。

バレーボール時のアイガード その一例 度付き対応可能

商品名:REC-JPN61 メーカー米国 

バレーボールどきのアイガードRECSPECS(レックスペックス)JPN61 JPBL
フレームカラー:JP’BL ジャパンブルー 度入り可能

サイズ:53 JPN用交換パッド 日本モデル(純国産)

バレーボールどきの度入りゴーグルRECSPECS(レックスペックス)JPN61 PLBK
フレームカラー:PLBK パールブラック
RECSPECS(レックスペックス)JPN61 BLDMバレーボールどきの度付きゴーグル
フレームカラー:BLDM ブルーデミ
女性用バレーボールどきの度付きゴーグルRECSPECS(レックスペックス)JPN61 MLRD
フレームカラー:MLRD メタリックレッド
バレーボールどきの度入りゴーグルRECSPECS(レックスペックス)JPN61 MTBK
フレームカラー:MTBK マットブラック
RECSPECS(レックスペックス)JPN61 MLBLバレーボールどきの度付きゴーグル
フレームカラー:MLBL メタリックブルー
RECSPECS(レックスペックス)JPN61 MTNBバレーボールどきの度付きゴーグル
フレームカラー:MTNB マットネイビー
RECSPECS(レックスペックス)JPN61 MLNBバレーボールどきの度付きゴーグル
フレームカラー:MLNB メタリックネイビー
バレーボールどきの度入りゴーグルRECSPECS(レックスペックス)JPN61 MLPK
フレームカラー:MLPK メタリックピンク
バレーボールどきの度入りゴーグルRECSPECS(レックスペックス)JPN61 MLBK
フレームカラー:MLBK メタリックブラック

フレームの特徴・・・こちらへ

在庫無くなり次第販売終了になります。

防弾素材から革新的レンズが誕生

40年以上前にプラスチックレンズ素材CR-39とポリカーボネートが開発されて以来、素材面において飛躍的な進歩を見せなかったプラスチックレンズ。そうした中で、ポリカーボネート、アクリルを超える軽量さ、耐衝撃性、耐久性を持つ次世代のマテリアルとして登場したのがNXTです。

NXT素材の安全性
NXT素材

NXTポリマーは、米陸軍による超軽量防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材であり、開発を委託されたSIMULA Incは、陸軍との契約が終了した後に高性能レンズの大手=インテルカスト・ヨーロッパ社と新たに提携。

「歪みや劣化の少ないハイクオリティな光学特性」「丈夫でありながら非常に優れた軽量性」という特質を最大限に活かしたサングラスおよびシールド用素材の開発に成功したインテルカスト・ヨーロッパ社は、現在ではNXTの製造権を有する世界で唯一の企業なのです。

バレーボールと目

男子バレーボールの黄金時代を知っていますか。それは1972年、ミュンヘンオリンピックで金メダルを獲得したころです。このとき松平監督率いる日本チームは、実にさまざまな斬新な攻撃方法をあみだし、世界をアッといわせましたが、中でも外国の強豪を驚かせたのは、森田の1人時間差攻撃です。

眼と手・足の協調性を逆手にとった森田の1人時間差

練習中にスパイクのタイミングをまちがえ、飛びそこねたところ、ブロックが先に飛んでしまい、その後ノーマークでスパイクが決められたことをヒントに考案されたそうですが、この奇策は、眼と手・足の協調性を逆手にとった攻撃といえるでしょう。トスが上がりスパイカーが沈みこんでジャンプの体勢に入るという映像情報により、ブロッカーは「飛べ」というシグナルを、足と手に与えるのです。この情報伝達回路があるかぎり、ブロッカーは見せかけの動作とわかっていても、必ならずもジャンプし、落下した瞬間に本当のスパイクを打たれてしまうのです。

1)スポーツと「眼」Ⅰ・・こちらへ

2)スポーツと「眼」2・・こちらへ

3)スポーツと「眼」3・・こちらへ

4)スポーツ能力の差は何・・こちらへ

5)スポーツと「眼」4・・こちらへ

製作店舗のご紹介:

兵庫県尼崎市神田中通り3丁目43番地 メガネのアマガン センター店
メガネのアマガン センター店

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

当店では、バレーボールどきの度付きゴーグル、メガネに関連ずるレンズ等の情報を発信いたしております。

スポーツメガネ・・・こちらへ

[最終更新日] 2021年05月23日 /[公開日] 2021年05月20日
カテゴリー:スポーツメガネ


TOPへ戻る