TEL 06-6411-8965

トライアスロン サングラス

トライアスロン時の度付きサングラス&ゴーグル度入り 

トライアスロンをされる方が、全員健常な視力がある方ばかりではないと思います。ふだん近視、乱視等で眼鏡やコンタクトレンズが手放せない方も多数いらっしゃいます。競技においては、スイムでもロードバイク(自転車)でもランでもしっかりコースが見えなければ危険です。出来れば普通免許取得どき位の視力はあった方が良いと思います。何れにしても、眼鏡かコンタクトレンズを装用して競技を考えなければなりませんが、どちらにおいてもメリット、デメリットがあります。ここではトライアスロンどきに適した度入りサングラス、度付きゴーグルや眼鏡のご紹介をさせていただきます。

トライアスロンのサポートを目的としたスポーツグラス度付き
過酷なスポーツ トライアスロンをサポートするアイグラス

スイム スイミングゴーグル

スタート直後は他の人とぶつかり合いながら泳ぐことや、コース取りを間違えないようにスイミングゴーグルの度数は視力が0.7~0.8位に見える度数が適しています。

度入りスイミングゴーグル

水中で物を見ると視界がボヤケて見えます。これは水と眼球の屈折率が大まかに言えば同じなので、水中では遠視のような状態になり視界がハッキリしないのです。言いかえれば屈折力が全く機能しなくなり、網膜に焦点が合わなくなるからです。水中の中で視界をハッキリさせるには、眼の前に空気の膜を持ってくればよいのです。ゴーグルをすることにより空気を媒体として水中でものを見ますので、視界はハッキリします。

■既成 SW:SPALDING FOー1

トライアスロン時の度入りスイミングゴーグル
度入りスイミングゴーグル

中度近視、軽度近視の方には既成度付きゴーグル

フィット感の良いパッキングタイプのクッションとくもり止めレンズを採用したゴーグル。 

アイカップ素材:ポリカーボネイト

サイドパーツ素材:ポリプチレンテレフタレート

ベルト素材:エラストマー  鼻ベルト:ナイロン  

Ⅰ.アイカップカラー・・・

トライアスロン時の度つきスイミングゴーグル
カラー:全10色

①シルバー ②ブラック ③ネイビー ④クリア  ⑤ブラック×ブルー ⑥ネイビー×ホワイト ⑦ブラック×パープル ⑧クリアブルー ⑨クリアピンク ⑩クリアパープル  

Ⅱ.度数対応・・・

S-150 S-200 S-250 S-300 S-350 S-400 S-450 S-500 S-550 S-600 S-700 S-80

Ⅲ.簡単な度数の測り方・・・

近視度数は、本などを手に持ち、腕を伸ばして顔に近づける時、100を文字のピントがあった場所までの眼からの距離(cm)で割った値です。

トライアスロン時の度入りスイミングゴーグルの度数の決め方

Ⅳ.組み合せ自由自在:度付きレンズ取り換え方法・・・

トライアスロン時の度付きスイミングゴーグル
NG:FCL-2

アジャストセッティングできる度付レンズ。 左右どちらか一方のみの交換も可能です。

トライアスロン時の度入りスイミングゴーグル取り付け方
レンズを挿入

アイカップをサイドパーツ側のクッションからはめ込みます。

トライアスロン時の度付きスイミングゴーグル取り付け方
鼻部gががwがわ側側ゴム取付

鼻ベルトをアイカップサイドの四角い穴に差し込みロックさせます。

トライアスロン時の度つきスイミングゴーグル取り付け方
耳部側取付

サイドパーツをワンタッチ装着します。

■オーダー SW:SPALDING SPS-10

トライアスロン時の度入りオーダースイミングゴーグル
スモークレンズ/クリアブルー

度付きのスイミングゴーグルは、安価な既成の度入りスイミングゴーグルが主流ですが、この場合の装用者の度数は、殆どが軽度から中等度の方に対応した度付きゴーグルのため、強度の方にとっては物足りない見え方になります。そのため、各人に合った度数の製作をすることで快適な視界が得られます。

・アイカップ素材:ナイロン ・クッション:シリコーン ・鼻ベルト:エラストマー(5段階調節) ・ベルト:シリコーン ・レンズカラー:スモーク/クリア

・オーダーメイド度付きスイミングゴーグルベルトカラー&レンズカラー

トライアスロンどきのオーダースイミングゴーグル
オーダースイミングゴーグル カラー種類

ロードバイクとラン サングラス&度付き その一例

スイム、バイク、ランのトライアスロンでは、バイク時に主にサングラスを使うことが多いと思われます。

その一番の理由に、目をほこりや花粉、日差しから守ることで競技に集中することが出来るからです。また、昨今ではマラソンどきにも掛けることで集中力を保つのはもちろん、疲労度にも影響があることが様々な研究から解ってきたために、ランどきにも装用される方が増えてきました。

トライアスロンどきのロードバイクに適したサングラス
トライアスロン バイク

トライアスロンをされる人は、目の機能が健常な方とは限りません。目が悪いからと言ってトライアスロンが好きなことは全く変わらないのですから、このような方々にも最適な「トライアスロンに適した度付きスポーツサングラス」を、各人の目の状態に合わせてトライアスロン用サングラス度入りをご提案いたします。

トイライアスロンどきのスポーツサングラス&度入りのご提案

トライアスロンの歴史:その1

1977年、ハワイの海兵隊員達が宴会の席で、「マラソン、遠泳、サイクルロードレースのどれが最も過酷か」と議論。競技特性が全て違うのだから比較のしようがなく、「この際まとめてやってみよう」という事で考え出された。翌1978年に、ハワイで最初の主要な大会であるアイアンマン・トライアスロンが行われた。このレースは競技制限時間が17時間に渡る過酷なものであり、鉄人レースとしても知られている。現在では世界各地で多数のアイアインマン大会が、ハワイ島で行われる世界選手権の予選として開催されている。昨今では女性のトライアスロン人口も年々増加してきています。

RYDON ライドン

トライアスロンどきに適したスポーツサングラスSP 53 10 14 - 0000
SP 53 10 14 – 0000

フレームカラー:カーボンフレーム

レンズカラー:スモークブラックレンズ

重量:26グラム /レンズ幅:71mm /ブリッジ幅:12mm /テンプル長:133mm /天地幅:41mm – 8カーブレンズ

交換式レンズ、視力矯正レンズやカスタム対応の許容度が高まり、テンプルチップやノーズピースの調整幅がさらに大きくなりました。フィティング性能と驚くべきディテールを実感していただけます。
パフォーマンス、多用途性、快適性、スタイルの組み合わせにおいて、トライアスロンどきのバイク、ランに最適の機能を持ち合わせています。

その他のカラー&モデル/度付き対応可能・・・こちらへ

    

SINTRYX シントリクス

トライアスロンどきに適したスポーツサングラスSP 49 10 45 - S000
SP 49 10 45 – S000

フレームカラー:ファイアレッドグロスフレーム

レンズカラー:スモークブラックレンズ +
クリアレンズ

重量:30グラム /レンズ幅:66㎜ /ブリッジ幅:18㎜ /テンプル長:136㎜ /高さ45㎜ – 8カーブレンズ

眼の保護性能を向上させ、全く新しいレンズ交換システムである「プッシュリリースシステム」やパワーフロー・ベンチレーション、また、インパクトX2、ポラール3FXそしてRPオプティクス等の最先端技術を投入したモデルです。

その他のカラー&モデル/度付き対応可能・・・こちらへ

ロードバイクとラン メガネ

スポーツをする場合はソフトコンタクトレンズが一番よいと思いますが、トライアスロンの場合は「スイム」があるので少々事情がことなるのではないでしょうか?とくに、スタート直後は競技者同志がぶつかり合いながら泳ぐことになるので、場合によっては前の人に顔を蹴られたり、腕で頭や顔、体を殴られたりでコンタクトレンズを装用している人にとっては、ゴーグルに海水が入ってきて外れて流されたり、外れなかったとしても目がヒリヒリ角膜が炎症を起こす場合もあると言われています。

トライアスロンメガネ
トライアスロンどきの眼鏡

このような経験をされた方にとっては、コンタクトレンズを嫌う人も多いと思われます。その場合はスイムでは度入りゴーグルを使わざるを得ません。度付きゴーグルを使って「バイク」と「ラン」はコンタクトレンズといったことも考えられると思いますが、コンタクトレンズを装用する時間がロスになってしまうリスクより、普通のメガネを装用する方が良いような気がします。

トライアスロンどきのメガネのご提案

トライアスロンの歴史:その2

1981年日本国内では、1981年8月鳥取県米子市にある皆生温泉旅館組合の若手経営者達が日本初となる皆生トライアスロン大会を開催した。これ故、皆生は日本トライアスロン競技の聖地と呼ばれるようになった。1982年に、各種データからみてバランスのとれた距離(スイム1,5Km・バイク40Km・ラン10Km、合計51,5Km)が国際基準として設定された。現在、世界選手権を初め、世界のトライアスロン大会の85%以上がこの基準で開催されている。また、2000年のシドニーオリンピックから正式種目となったことから、オリンピック・ディスタンスと呼ばれることが多い。

SWFー610

SWF610 DPBK 

フレームカラー:ディープブラック DPBK

落ち着いたフォルムで普段掛けも可能なフレーム。ロードバイク、ランどきの動きにもホールド感をそのままにシーンを選ばず使える度付き対応モデル

激しい上下動にズレにくいトライアスロンメガネ
ズリ抑制構造

テンプルの内面はサスペンション構造で、ほどよいホールド感で頭部にフィット。芯入りのノーズパッドは調整が可能。各自に合わせたフィッティングを実現しました。

その他のカラー・・・こちらへ

FOUR-C-DL フォーシー DL

トライアスロンどきのズレにくいメガネフレーム
FOUR-C-DL

フレームカラー:ブラック×ブラック

ロードバイクのために設計されたアスリートグラス。
風に強いフロント形状とヘルメット装着時にもズレにくいテンプル形状により、ライディング中のストレスを軽減。軽量性にも優れたモデルです。

サイドフード付きメガネフレーム
サイドフード

風の巻き込みを抑えるサイドフードを用意しています。サイドフードは簡単着脱可能です。

その他のカラー・・・こちらへ

トライアスロンどきのオーバーグラス 

「バイク」どきの風の巻き込みや眩しさなどを考えると、度付きサングラスか普通のメガネの上から掛けるオーバーグラス(サングラス)がお奨めですが、「ラン」どきには普通のメガネの上から掛けるオーバーグラスは上下動の動きが強いために不向きと思います。その場合は、「ラン」どきの眩しさはカットできません。ただ、天候が曇天状況であればランどきには手軽に外すことができます。

OG-4

オーバーグラスOG-4 0065
SW:OG-4 0065

フレームカラー:クリアブラウン

レンズカラー:偏光フォクシーブラウン

サイズ:内寸 : 高さ 39mm 横幅 135mm
この大きさより小さい眼鏡であれば装着が可能になります。

水面やアスファルト、芝生などのギラギラした反射光をカットする偏光レンズ。ブラウン系レンズはブルーライトを抑える効果に加えて、自然な色調に近づける効果を併せ持ちます。長時間の使用にも最適なレンズカラーです。

OG-5

オーバーグラスOG-5 0751
W:OG-5 0168

フレームカラー:クリアスモーク

レンズカラー:偏光ULローズスモーク(両面マルチコート)・・・詳しくはこちらへ

サイズ:内寸 : 高さ 40mm 横幅 135mm
この大きさより小さい眼鏡であれば装着が可能になります。

注意喚起色である黄・赤を強調し、安全運転のための予測や認知を促します。また偏光機能により路面の照り返しを抑えることで、白線やオレンジ線を強調。車線の中での自車位置把握がしやすくなり、レーンキープの容易さにもつながります。上記のような効果を持ちながら、トンネル内でも暗すぎない明るさを実現しています。

オーバーグラスについて

眼鏡の上からかけるサングラス

トライアスロンどきでなく、さまざまな用途で装用可能です。

紫外線と照り返しを防いで、眼鏡を掛けたまま使える度付きサングラスまではいらないが、眼鏡だけだと日差しの強い日は疲れてしまう。そんな方へおすすめなのが、このオーバーグラスです。

従来のオーバーグラスは、1眼レンズ(左右が一枚のレンズでおおわれているもの)が主流でしたが、このオーバーグラスは、サングラスと同様の2眼レンズで、掛けた姿もより自然でスタイリッシュになりました。フレーム形状の特長は、レンズの上と下のフレーム部分が顔に沿うようにおおわれており、額部分からの光の侵入を抑え、地面の照り返しを受けやすい下からの光の侵入も防ぎます。レンズは、紫外線を99.9%以上カットしており、眼の病気予防の面からもおすすめです。

取り扱い店舗

尼崎市神田中通り3丁目43番地メガネのアマガン センター店
スポーツメガネ・サングラスプロショップ

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。当店では、スポーツどきの眼鏡を製作する加工機および検査機を設置しております。

メガネのアマガン センター店…・・・こちらへ

メガネのアマガンセンター店のこだわりコーナー

[最終更新日] 2021年07月18日 /[公開日] 2021年04月19日
カテゴリー:スポーツサングラス


TOPへ戻る