TEL 06-6411-8965

強度近視メガネ 実例 ボヘミオ

強度近視メガネで目が小さくなるのを最小限に

強度近視のメガネを掛けると、レンズの厚みの他に「外から見て、目が小さく見えてしまう」ことを、一番気にされているのではないでしょうか。また、その他にも「顔の輪郭線がレンズの部分だけ入り込んで、歪な顔に見えてしまう」など・・・これらの問題を、強度ウスカルフレーム(ボヘミオ等)で製作することで改善されることでしょう。

一般の強度近視メガネでも技術的調整により目を大きく

強度近視メガネの目の大きさ比較
強度近視メガネで目が小さくなる

一般の強度近視のメガネにおいても眼鏡技術的に、掛けた時のレンズ後面と目の間隔「角膜頂点間距離」「頂間距離」「装用距離」などと言いますが、この距離が長くなればなるほど、同じ度数でも目の大きさは小さくなります。そのため、距離を短く調整されれば現在の状態よりも目が大きくなります。

強度近視メガネの目の大きさ比較
眼の大きさ比較

例えば、現在強度近視のメガネをかけておられる方がいらっしゃったら、メガネと目の距離をいろいろ変えてみられれば、そのようになることがよくわかると思います。

強度ウスカルフレームで「さらに」目の大きさ改善

強度ウスカルフレームで目を大きく
強度ウスカル枠で目を大きく

強度ウスカル枠でメガネを制作した場合には、レンズの面積が狭いので、掛けたときの視野を拡げるために装用距離を短かく技術調整する事が多く、そうすることで自然に外見上の目の大きさの縮小は、一般の強度近視のメガネで短くするよりもさらに大きくなります。

強度ウスカルはどんなフレーム?

その一例 Specioつやありアーモンド サイズ:F□26 穴空きタイプのウスカルメガネフレーム

強度ウスカルSpecioつやありアーモンド
スペキオ

 

ただし、装用距離の他にも、厳密にいうとレンズのカーブが浅めの方がましであるとか、球面設計レンズよりも非球面設計レンズの方がましであるのですが、その違いは大したことがなく、やはり装用距離がもっとも影響力が大きいのです。

強度近視メガネのレンズ厚み比較
レンズの厚み比較

 ■強度ウスカルフレームについて・・・こちらへ

理想の強度近視メガネフレーム 一部製作実例 ボヘミオ

大阪府池田市より強度近視用メガネの製作にお越しいただきました。強度近視用メガネの小顔用企画,Bohemio -ボヘミオ-。

強度ウスカルボヘミオ6番カラー
Bohemio

フレームカラー:ブラックブラウンマット

腕前部:ツヤあり黒プラスチック/腕メタル:ツヤありブラック/先セル:ツヤ黒 

サイズ:43□18 小顔の人向けのメガネとしても通用

80年代を彷彿とさせる都会的な線の細いメタルオーバルシェイプの強度近視メガネ。今回製作しました強度近視メガネは度数が約凹9.00Dでレンズ厚みは約2.5mmと薄く、軽く仕上がりました。

テンプルデザイン
テンプルのデザイン

テンプル(弦)の根元にプラスチック素材をデザインすることで、フロント(前枠)部のメタル素材との組み合わせに気を使い、色合いの流麗(りゅうれい)な流れと異素材間の混交(こんこう)による「異種交差(いしゅこうさ)」をテーマとして製作しました。

その他のカラー展開

強度近視メガネ強度ウスカルBohemioルビーノワイン
 7番カラー

ルビーノワイン

腕前部:ツヤあり黒プラスチック腕メタル:ツヤありブラック
先セル:ツヤ黒 

強度近視メガネ強度ウスカルBohemioサファイアブルーマット
 8番カラー

サファイアブルーマット

腕前部:レッドプラスチック
腕メタル:ルビーノワインマット
先セル:ツヤ黒 

強度近視メガネ強度ウスカルBohemioつやありアンティークベージュ
 2番カラー

つやありアンティークベージュ

腕前部:ブラウンプラスチック
腕メタル:ライトブラウン
先セル:パールブラウン

その他の強度近視メガネ「強度ウスカル」&強度近視等について

強度近視メガネプロショップ

強度近視メガネフレームコーナー
強度近視メガネ続々入荷

強度近視の方だけでなく、強度遠視、強度乱視や強度の老眼の方々にも薄く、軽く仕上げることができる理想の強度数対策フレームの種類等のご紹介をさせていただいています。

強度近視について

強度ウスカル カタログ

強度ウスカル男性用

強度近視メガネの複式 老眼対策フレーム

取り扱い店舗:

メガネのアマガンセンター店
強度近視メガネ専門店:
メガネのアマガン センター店

眼鏡をかける方々はお一人おひとりお顔立ち、見るための眼鏡レンズ度数、ライフスタイル等は違うことを前提に、当店は、特に強度近視の方の視生活の質を向上させる技術を提供する眼鏡専門店として、強度近視用眼鏡を快適に掛けて頂くことを目指しています。

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

日本一早いマジックボード
メガネのアマガン センター店 
マジックボード下

日本一早いマジックボード点灯で有名な、尼崎中央三丁目商店街3番街のマジックボド下にて営業を行っているメガネのアマガン センター店。

メガネのアマガン センター店地図
メガネのアマガン センター店

住所:

〒660ー0884

兵庫県尼崎市神田中通り3丁目43番地

電話:

(06)6411ー8965

もっと眼鏡、サングラス、ゴーグル等を知ろう!

眼鏡専門店メガネのアマガン センター店の取り組み!

●読売新聞朝刊に当店の取り組みの取材を受け掲載されました・・・こちらへ
●週刊ゴルフダイジェストの取材を受けました・・・こちらへこちら
●日本眼科紀要会(日本の眼科学雑誌)への寄稿協力依頼を受けました・・・こちらへ

[公開日] 2024年07月04日
カテゴリー:メガネ一覧,眼鏡屋


TOPへ戻る