TEL 06-6411-8965

跳ね上げ式メガネは便利

快適な跳ね上げメガネを製作するために


■跳ね上げ式眼鏡を考えておられる方に参考にして頂ければ幸いです。
長年にわったて、単式跳ね上げ式眼鏡フレームをご提案させて頂いて思うこと。(谷口薯)

手元の視野が広く見える跳ね上げメガネ

40歳を超えられて近視の方(大凡凹5.00Dまで)が、単式のはね上げ眼鏡フレームのご利用を検討されるとき、単に、1回1回メガネを掛け外しされるのが、面倒だと考える方や、また、その中でも一度遠近両用眼鏡を試してみたがどうしても使いづらかった、慣れなかったと言われる方のお声をよく聞くことがあります。

そこで、跳ね上げ式眼鏡を主に販売した当初は、お客様の言われる近視の度数の眼鏡をお作りしてお渡ししていましたが、ここで、1つの問題点があることに気が付いたことが、中間の距離(約50cm~約2m度数設定によって違ってきます)すなわちパソコンや、日常の作業(60cm~1m)のところの度数が無くなってしまったということです。

手元がとても楽に見える跳ね上げ式眼鏡。
快適な跳ね上げ式眼鏡

例えば、車を運転していて、カーナビの距離が見えないことはないが、少し目を凝らさないといけないが、パソコンを見たときに、遠用度数では「見づらい」「疲れる」ので、ハネアゲて見たとき、パソコンの画面に目をかなり近づけないといけなかったりと、日常生活で一番よく使う距離が、欠けてしまっていることに気が付きました。
そこで、単式跳ね上げメガネを製作される場合のレンズの選定に、今までの経験上ご提案させていただいているのが、遠中レンズです。
遠近両用レンズにすると、遠方度数と近方度数の差が大きいから、「歪み」を強く感じる方が多いですが、この遠中にした場合、度数の変化が「緩い」ため、そこまでの「歪み」を感じにくくなり、遠方用メガネの少し手元をアシストする感覚で、遠方からパソコンぐらいでの距離に合わせて手元の文字を見たり書いたりするときは、眼鏡をハネアゲて使う方法をご提案いたします。

■最近の跳ね上げメガネフレームは「かっこよく」なりました。

おしゃれな跳ね上げメガネフレーム
MY:VANZAI VZ-510 1
跳ね上げメガネフレームが跳ね上がった状態

老眼鏡が必要な方にも、案外便利な跳ね上げ式眼鏡かもしれません。通常跳ね上げメガネを装用される方は、上記にも記していますように近視の方が多いのですが、老眼でお手元を見る時に不便を感じていらっしゃる方にとても便利にお使いいただけると思われます。ただし、如何にも年寄り臭いと仰られる方もいらっしゃることも間違いありませんが、店頭にいてますと、家の中であちこちに老眼鏡を置いてるのですが、その老眼鏡を探すのが面倒なので首から眼鏡を下げるチェーンはありませんか?とか、老眼鏡が2つに折れて首から吊るす眼鏡はありませんか?等を時々ご相談に見えられます。このような方にとっては、掛けたままでテレビを見る時には前枠(フロント部)を跳ね上げてみることができ、お料理や新聞、雑誌を見る時には手で前枠を下すワンモーションで見ることが出来ます。      ご自宅用の老眼鏡として掛けこなすことで、煩わしい日常生活が解消されると思われます。

跳ね上げメガネプロショップは・・・こちらへ

[公開日] 2021年03月07日
カテゴリー:跳ね上げメガネ


TOPへ戻る