TEL 06-6411-8965

ドッジボール

ドッジボールに適した保護眼鏡のご提案

子どものドッジボールには危険が潜む。ドッジボールは目(顔)に危険な体育授業?

このページを作成する切っ掛けになったのが、小学校高学年のご父兄の相談でした。学校の授業でドッジボールが右目に当たって網膜剥離をおこし、「今度当たったら失明する恐れがあるんです。この娘の目を保護する眼鏡はありませんか?」だった。又、その後、ある大学生のバレーボール部の方が目にボールが当たって角膜を損傷されたので保護眼鏡を探しに来店されたことで、スポーツと目の事故はとても奥深い関係があることを実感させられました。

眼に対するドッジボールの危険
ドッジボールの危険

また以下、インターネットの投稿でこのような掲示がされていました。

ドッジボールでは、ボールが顔に当たり鼻から出血するというケースは珍しくありません。更には、その結果鼻骨が曲がる、眼鏡が割れて失明する、といった最悪の事態さえ起こりかねない危険なスポーツです。

それを学校教育上生徒に強制することは如何なものなのでしょうか?私が高校生の頃、体育の時間に「自分は眼鏡をしている為、ボールが顔に当たり眼鏡が割れて失明する可能性がある。だからドッジボールには参加したくない。」旨を体育教師に伝えたところ、「くだくだ言うな。みんなやっていることだ。」と一蹴されました。その時、その余りにも理不尽な対応に非常な憤りを感じた事を覚えています。これが正義とは私には到底思えませんでした。中には、こういった反論があるかもしれません。「大きな怪我をする可能性なら他のスポーツでも同じだ。ドッジボールに限ったことではない。」しかし、それに対して私はこう思います。
「ドッジボールはボールを他人に当てる事を目的としたスポーツである。野球やサッカーでも怪我をする可能性は否めないが、それらは他人に害を与えることを目的としたスポーツではない。しかし、ドッジボールはその性質上他人に重大な被害を与える可能性が比較的大きい。数あるスポーツの中からそういった危険なスポーツを選択し生徒に強制する理はない。他の選択し得るより良い手段があるならばそれに依るべきである。」球技怖い、眼鏡がー眼鏡がー飛んだーレンズが飛んだーという昔話。
眼鏡がこういうことになるとものすごくテンションが下がった。しかし、ドッジボールは眼鏡がないと全てのボールが魔球に見える。少し、理屈っぽかったかもしれませんが、以上が私の思うところです。

子供用保護ゴーグル&度付き

子どもたちのドッジボールどきの目を守るために開発された安全性の高い「アイプロテクター」です。

商品名:AEP-01 その一例

スポーツアイプロテクターAEP01レッド
フレームカラー:レッド 度入り対応可能

サイズ:44 幅130mm 上下幅:44mm カーブ:6

スポーツアイプロテクターAEP01スモーククリア
フレームカラー:スモーク×クリア
ドッジボールはボールが眼に当ると危険
危険なときがあるドッジボール

フレームの特徴・・・こちらへ

商品名:AEPー02: その一例

スポーツアイプロテクターAEP02ブルー
フレームカラー:ブルー 度入り可能

サイズ:44 幅130mm 上下幅:44mm カーブ:6

スポーツアイプロテクターAEP02スモーククリア
フレームカラー:スモーク×クリア
スポーツアイプロテクターAEP02レッド
フレームカラー:レッド

フレームの特徴・・・こちらへ

大人向き保護ゴーグル&度付き その一例

大人が装用できるドッジボールどきの目を守るために開発された安全性の高いアイガードです。

商品名:GUARDIAN-X 001 

ガーディアンGUARDIAN-X001ブラック
フレームカラー:ブラック×ブラック      度入り可能

サイズ:57 幅152mm 上下幅:48mm カーブ:

ガーディアンGUARDIAN-X001スモーク
フレームカラー:クリア×ブラック
ドッジボールの大きさは顔に当たると衝撃が強い
ドッジボール

フレームの特徴・・・こちらへ

インナーゴーグル度付き:

ゴーグルの内側に矯正レンズ(近視又は遠視又は乱視)を入れるフレームをセットします。

近視、遠視、乱視等のレンズが入ったインナーフレーム。
インナーフレーム(クリップオン)
度入りゴーグル。
度付き対応ゴーグル

ゴーグルに入れる矯正レンズの素材は耐衝撃性プラスチックレンズでお願いいたします。

■クリップオンの取り外し/取り付け

1)取り付け

裏面(内側)からクリップオン(度付きレンズ付き)の2又先部分を本体の差し込み部分に強く挿入します。その際、ゴーグル表面にフォーク型キャップに浮きが出ましたら押して差し込んでください。
さすのがキツイ場合はキャップを先に抜いてから、内側からクリップオンを差し込み、その後再度、キャップを入れてください。

度数が強い方のドッジボ-ルどきのメガネ
インナーフレーム取付
ドッジボールどきのインナーフレーム取付も簡単
ううtうちうちgうちがうちがwうちがわ内側内側から差し込み

2)取り外し

レンズを取る際は、ゴーグル表面にフォーク型キャップを先にお取り頂き、クリップオンの
2又先を押してください(マイナスドライバー、ナイフチップ、
小さなペンチ、はさみ…)十分お気をつけください。

小学校のドッジボール時の眼鏡装用:

小学生のドッジボールどきのメガネは基本的に保護眼鏡をお勧めしますが、現実として、体育の時間どきのドッジボール等にだけご使用するための保護眼鏡を製作するのは難しいことが大半です。そのため、普段どきの眼鏡製作どきの参考に頂ければ幸いです。

フレーム選び

衝撃に強い眼鏡枠
壊れにくいメガネフレーム

眼鏡製作どきのフレーム選び:壊れにくい素材

フレームの素材を衝撃に強いフレーム素材を選ぶ・・・

 超弾性合金・NT合金・形状合金・βチタン等

衝撃を和らげるパッド
ツインパッド

ボールがメガネに当ったときの衝撃を考慮して、通常のパッド(鼻あて部)ではなく、左写真のようなツインパッドの交換をお勧めいたします。ほとんどのメタル(金属系)フレームの場合は交換可能です。

ズレ防止グッズ

ドッジボールどきの激しい動きにズレにくくするためのグッズをご紹介いたします。

一見ふつうのシールです。薄くてソフトなシリコンゴムがズレを防止・・・

ドッジボールどきの眼鏡のズレ防止
ピタットフィット

シリコン材で作られています。使用用途はスポーツ等の激しい動き、汗によるメガネのズレてしまう、下がってしまうという時にパッドや耳に掛かる部分に貼り付けますと、ずれや下がりが極端に少なくなります。あくまでも補助用具ですのでずれたり下がったり、または掛けていても痛かったりバランスが悪い時にはフィッティングが重要となります。もう一度掛け具合調整をしっかり行いそれでも足りない時に取り付けてください。

セル(プラスチック)の眼鏡にぴったりフィット・・・

ドッジボールどきの眼鏡ズレ防止グッズ
簡単に取り付け可能

スポーツグラスのセルタイプは、結構、まつ毛や頬にフレームが当たり煩わしいことと、汗によるズレを助長させると思います。その一番の理由は、鼻あての部分の調整ができないことなのですが、簡単にご自身で張り付けることのできるセルシールのご紹介です。

ドッジボールどきのメガネズレ防止グッズ
パッドに取り付け

サイズが3種類あります。汗でちょっとズリやすい方にはSサイズ、レンズの内側にまつげが時々あたってしまったり、頬に笑ったときに時々当たってしまう場合にはMサイズ、レンズの内側にまつげが完全にあたっしまう場合や、リム(ふち)が頬にあたってしまう場合にはLサイズ…というのが、だいたいの目安です。

メガネバンド

メガネバンド
バンドで後頭部nにフィット
眼鏡のズレ防止バンド
手軽に固定できます。

普段眼鏡をかけている方が、眼鏡ズリを防止するためのバンド、メガネフレームのテンプル(耳に掛けるツル)部分に装着し、激しい動きでも眼鏡がズレないようにしっかり固定できます。

ワイヤースポーツバンド

卓球どきの眼鏡ズリ防止バンド
ワイヤー式バンド

眼鏡やサングラスのズレ落ちを防いでくれるワイヤー式のバンドです。伸縮自在なので装着も簡単、そのままお好みの長さに調節可能で、取り付けもテンプル先(耳に掛けるツル)のチューブに差し込むだけで楽にできます。眼鏡やサングラスをかける前に、アジャスターパーツを中央部に寄せ、ワイヤーベルトを長い状態にしてください。眼鏡やサングラスをかけた後、アジャスターパーツを移動して、ワイヤーベルトを縮めながら、お好みの長さに調節してください。

メガネずりロック

ドッジボールどきの眼鏡ズリ防止
目立ちません。
耳の後ろに掛ける眼鏡のズリ防止グッズ
日本製シリコンで安心。

眼鏡サングラスのテンプル先(耳に掛けるツル)部から差し込むだけで耳の後ろに引っ掛かり眼鏡、サングラスがズレにくくなります。 在庫が無くなり次第販売終了となります。

メガネグリップ

ドッジボール時の眼鏡ズリ防止ゴム
眼鏡のすべり止めゴム
ドッジボールどきのズレ防止グッズ
ゴム製先セルカバー

メガネのテンプル(耳に掛けるツル)にかぶせるだけです。靴下を履くイメージで、取り外し自在で3倍に伸びるシリコンがメガネをソフトにフィットさせます。金属アレルギーの方にも多くご使用いただいてます。(シリコン製)

製作店舗のご紹介:

兵庫県尼崎市神田中通り3丁目43番地 メガネのアマガン センター店
メガネのアマガン センター店

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

当店では、ドッジボールどきの度付きゴーグル、メガネに関連ずるレンズ、眼鏡ズレ防止グッズ等の情報を発信いたしております。

スポーツメガネ・・・こちらへ

[最終更新日] 2021年05月24日 /[公開日] 2021年05月23日
カテゴリー:スポーツメガネ


TOPへ戻る