TEL 06-6411-8965

スポーツサングラスレンズ SWANS ULTRA LENS

スワンズサングラス ウルトラレンズのご紹介

スポーツどきのサングラスにおいて、太陽光からの光をカットすること、飛散物や紫外線から目を護ること等で、競技の集中力や視認性の向上を図ることでハッキリと対象物を捉える目的で掛けられていると思います。一般のサングラスであれば眩しさをカットすることや、最近では、ファッションとして掛ける方々がほとんどで、レンズのカラーもブラウン系、グレイ系で装用されていることが多数です。ところが、選ばれるサングラスレンズの違いで物体の見え方に歴然と違いがあることを、ほとんどの方はご存じではないと思います。それは、サングラスカラーレンズの素材、染料、製法などによって、目的や用途に応じて特定の色域を強調することで、視界をスッキリさえ、視認性をもっと向上させることができるのです。

サングラスレンズカラー、製法等で見え方は違います。
サングラスレンズの製法等で、同じような色目に見えても、見え方は全く違ってくることを知って頂きたい。

ULTRA LENS について

スポーツによって異なる環境に応じて、強調すべき色も異なります。SWANSが各スポーツカテゴリーのトップアスリートとともに開発し、それぞれに必要な色を見やすく特化させたものが「ULTRAレンズ」です。ULTRAレンズを使うことで、紫外線や飛来物から眼を護るだけでなく、より正確な必要な情報をより早く得ることができスポーツのパフォーマンス向上をサポートします。

ウルトラネプチューンパープル

動体視力を必要とする野球というスポーツでボールの行方を見逃さない。「打つ・投げる・走る・捕る」どのシーンで使っても、しっかりとボールを追うことができるレンズです。

ウルトラネプチューンパープルレンズの野球の時の見え方
上記写真向かって 左:ウルトラレンズ 右:裸眼 

フライ補球のため上空を見上げる。照り返しの強いグラウンドを這うゴロを処理する。投手から放たれるボールを打撃する…野球における様々なシチュエーションに対応する「太陽光の眩しさを抑えながら、暗くなりすぎず、ボールが見えやすいレンズ」です。白いボールの視認性を高めるレンズカラーに、全体の眩しさを抑える効果のあるミラー加工を施しています。

野球時のボールの見え方
上記写真 左:裸眼 右:ウルトラレンズ装用
ウルトラネプチューンパープルレンズ装用天候
可視光線透過率:17%/28%/18%19%

1)レッドシャドーミラー×ULネプチューンパープル(裏面マルチ)
2)シルバーミラー×ULネプチューンパープル3)
3)レッドシャドーミラー×ULネプチューンパープル(両面マルチ)

■ウルトラネプチューンパープルの見え方

芝の緑や土の茶色、空の青色の中で白球の視認性を高めます。フライ補給や逆光での守備、打撃どきにもしっかりと眩しさを抑えながら、スタンドや自身の影の中にボールが入った際にも視認性を落としにくいレンズの明るさを実現しています。

ウルトラアイスブルー/偏光ウルトラアイスブルー/ウルトラライトアイスブルー

青い空・緑の森といったゴルフシーンの背景の中で、ボールの色をくっきり・はっきりと浮き上がらせるレンズです。加えて、着用時の視界色は自然で眼に馴染みやすいため、長時間の着用でも眼への負担が少なく、一日を通して使用が可能です。

ゴルフ時のグリーン上の見え方比較
上記写真向かって 左:ウルトラレンズ 右:裸眼 

ゴルファーが求める「ボールの視認性」を高めるレンズカラー。石川遼プロ、近畿大学との共同研究により、青い空、緑の森といったゴルフシーンにおいてボールの色をはっきりと見ることができます。また、単に色を強調するだけでなく、眼に馴染みやすい色調に調整することでラウンド中の眼の負担が少ないため、プレイ時間の長いゴルフに最適化されています。・紫外線をカットして疲労がたまりにくい・ショット後のボールを追いやすい・フェアウェイやラフでボールを見つけやすい・グリーンやフェアウェイの芝目や傾斜が見やすい・通常タイプに加え、偏光機能がついたタイプや明るめのタイプなど、3タイプをご用意

ウルトラアイスブルーレンズのゴルフボールの見え方
上記写真 左:裸眼 右:ウルトラレンズ装用
ウルトラアイスブルーレンズの装用天候
可視光線透過率:27%228%226%

ウルトラアイスブルー:(シルバーミラー×ULネアイスブルー)

偏光ウルトラアイスブルーレンズ装用天候
可視光線透過率:29%/28%29%

偏光ウルトラアイスブルー:(偏光ULアイスブルー両面マルチ/偏光ULアイスブルー)

ウルトラライトアイスブルーレンズの装用天候
可視光線透過率:43%/70%

ウルトラライトアイスブルー:(シルバーミラー×ULアイスブルー/ULライトアイスブルー両面クラリテックス)

■ウルトラアイスブルーの見え方

ゴルフボールの白色、芝の緑色などゴルフシーンで眼に入る環境色をくっきりと浮かび上がらせるレンズで、視認性が良いためボールの弾道追従もしやすくなります。実績としてゴルフ以外にテニス、野球などのボールスポーツ全般で評価されています。

■偏光ウルトラアイスブルーの見え方

高視機能性と偏光機能を併せ持った晴天時向けのレンズです。純粋な高視機能性はウルトラアイスブルーにやや劣りますが、偏光機能が芝目を際立たせたり、乱反射をしっかりカットしてくれます。

■ウルトラライトアイスブルーの見え方

ウルトラアイスブルーのレンズ性能を曇天や光量の少ない朝夕の環境に特化して対応させたカラーです。特性上、晴天時にはやや眩しさを感じる場合があります。

偏光ウルトラライトグリーン

朝晩の薄暗い状況や木の陰となる障害物にルアーを投げていくような場面でも暗く感じない。日本に多い、薄いグリーン系の水質を見る際に眼に馴染みやすいレンズカラー。かつコントラスト強調効果によって水中の状態把握しやすい効果がある。視ることに集中するサイトフィッシングに最適なレンズです。

水中の見え方比較
上記写真向かって 左:裸眼 右:ウルトラレンズ

バスのサイトフィッシングがメインターゲット。朝晩の薄暗い状況や木の陰となる障害物にルアーを投げていくような場面でも暗く感じない。日本に多い、薄いグリーン系の水質を見る際に眼に馴染みやすいレンズカラー。かつコントラスト強調効果によって水中の状態把握をしやすい効果があり、視ることに集中するサイトフィッシングに最適なレンズです。

川底の見え方比較
上記写真 左:裸眼 右:ウルトラレンズ装用
偏光ウルトラライトグリーンの装用天候
可視光線透過率:26%

偏光ウルトラライトグリーン:偏光ULライトグリーン両面マルチ

■偏光ウルトラライトグリーンの見え方

高視認性の効果と偏光機能との相乗効果で今までの偏光レンズよりも更に水中の魚影や地形がはっきりと見えるようになります。ルアー等の疑似餌の色のコントラストも強調されるため、それらの視認性も強調されます。

偏光ウルトラローズスモーク

注意喚起色である黄・赤を強調し、安全運転のための予測や認知を促します。また偏光機能により路面の照り返しを抑えることで、白線やオレンジ線を強調。車線の中での自車位置把握がしやすくなり、レーンキープの容易さにもつながります。上記のような効果を持ちながら、トンネル内でも暗すぎない明るさを実現しています。

ドライブどきの見え方比較
車運転時の見え方 向かって左写真:ウルトラレンズ装用 右写真裸眼

『日常の運転をより快適に、安全に』をコンセプトとして、レーシングドライバーの鍛えられた眼で感じた「一般道の運転に必要な情報を眼に入れながら、不快な光をカットする」をクリアした、快適な運転環境を提供するレンズです。公道を安全に運転するために最適なレンズを目指し、山野哲也氏の開発テストによって生まれたのが「不快な眩しさを抑えつつ、ドライバーが気にするべき情報を、的確にメッセージとして伝えてくれるレンズ」です。

運転時の偏光ウルトラローズスモークレンズ装用比較
上記写真 左:裸眼 右:ウルトラレンズ装用
偏光ウルトラローズスモークレンズの装用天候
可視光線透過率:22%

偏光ウルトラローズスモーク:偏光ULローズスモーク両面マルチ

■偏光ウルトラローズスモークの見え方

注意喚起色である黄・赤を強調し、安全運転のための予測や認知を促します。また偏光機能により路面の照り返しを抑えることで、白線やオレンジ線を強調。車線の中での自車位置把握がしやすくなり、レーンキープの容易さにもつながります。上記のような効果を持ちながら、トンネル内でも暗すぎない明るさを実現しています。

製作店舗のご紹介:

メガネのアマガン センター店
スポーツメガネ&サングラス度入りプロショップ メガネのアマガン センター店

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

当店では、さまざまなスポーツ時の快適なサングラス及び度付きサングラス、メガネのご提案を行っています。一般のサングラスと違ってスポーツどきの過酷な目の負担を抑えたサングラスや度付きサングラスのご提案を行っています。

メガネのアマガン センター店・・・こちらへ

[最終更新日] 2021年04月17日 /[公開日] 2021年04月12日
カテゴリー:スポーツサングラス


TOPへ戻る