TEL 06-6411-8965

最強度近視メガネ 老眼

超強度近視、ド近視の方々の老眼メガネ

近視と言えば近くの文字などは見えるが遠くの対象物等が見にくい、という認識を持っておられる方もいらっしゃると思いますが、お若い時から度の強い近視の眼鏡を掛けている方は、40歳を過ぎた頃から老眼が始まり手元の文字や細かい作業をするときに、現在かけている強度近視のメガネでは近くが見づらくなってしまい、眼鏡を外して見るようになってしまいます。

強度近視メガネのレンズの種類によって違う目の大きさ
眼強度近視の眼鏡は目が小さく見える

また、強度近視の方でもご年齢と近視の度数(強度近視)にもよりますが、眼鏡を外して約10cm前後位にしないと近くが見づらい方などは、パソコンを見られる時や、少し離して細かい作業をするときには非常に不便を感じることでしょう。

ここでは、このような方のための眼鏡のご提案をさせていただきます。

強度近視メガネの分厚いレンズ
強度近視の眼鏡レンズは分厚い

近視の度が強い「強度近視」の人は老眼にはならない

場合によっては、強度近視なのに眼鏡を掛けていても近くが見える方がいらっしゃいます。ひょっとして、近視は老眼にならない?

正視以外の状態を屈折異常といいます。これには近視、遠視、乱視があります。
目のピント合わせ

全くのウソ・・・老眼は年齢を重ねて水晶体の調節力(自動ピント合わせ)が衰えることで、近くのものを見るときにピントが合いづらくなる生理現象です。 近視の人でも正視の人でも、同じように進行します。

強度近視なのに眼鏡を掛けていても近くが見える方の場合・・・遠くの視力が最大限に合わされている度数を掛けている方が該当します。万一、度数を緩めに掛けている方は、遠くも「ソコソコ」見え、近くも「ソコソコ」見えるために気が付かなく過ごされています。

最強度近視の方の老眼対策

遠中近両用メガネを使用したが、使いにくかった方々に・・・

確かに最強度近視(凹10.00以上)の方が40歳を超してこられると老眼になり、現在かけている眼鏡を外すと近くが見えるのですが、手元10cm位にまで持ってこないと細かい文字等が見にくい方で、その都度、眼鏡を外すことにご不便を感じている方々の対策として。

複式メガネのご提案

普通の一般メガネは、左右レンズ1枚づつ(合計2枚)入れて加工するのですが、複式メガネフレームでは、左右2枚づつ(合計4枚)を入れて加工できるフレームです。

跳ね上げ式メガネ複式
複式眼鏡枠

フレームで遠近両用メガネに・・・レンズを入れるフロント枠が前後にあり、前部のフロント枠が跳ね上がる仕様になっています。

製作の方法は基本的に2通りあり、後部枠に近くが見える近用度数レンズを入れ、前部枠に遠くが見えるように補足レンズ度数を入れることで、遠くから近くまで見えるようにする方法と、後部枠に遠くが見える遠用度数レンズを入れ、前部枠に近くが見える補足レンズ度数を入れる方法があります。

その他、お仕事や趣味などに合わせたレンズをセッティング(中近レンズや近々レンズ等)することで、快適な視生活ができます。

複式跳ね上げメガネ
当店製作複式跳ね上げメガネ
跳ね上げメガネ複式
当店製作複式跳ね上げ式眼鏡

複式メガネのメリットは、裸眼で手元を見るときのように視野が広くとれることです。デメリットとしては、4枚のレンズを使用することと、フレーム本体も前枠部が一般のメガネと違ってセットされているために重たい事です。

内掛けフレームのご提案

最強度近視の方が遠中近両用メガネを制作したが、新聞や雑誌を見ると視野が狭く、却って見づらく感じがして、思わず眼鏡を外して手元に寄せて見てします方々に・・・内掛けフレームを試してみては如何でしょうか?

嵩張らないので老眼鏡の代わりとして持ち歩くことのできる内掛け
最強度近視眼鏡の内側に入れる

普段かけている眼鏡の内側に、手元の作業を行うときに近くがハッキリ見える凸レンズを入れることで視界スッキリ。

手元が見える度数を設定して製作する内掛け
内掛け NG:9388-01-43 クリア

持ち運びも嵩張らず、胸ポケットやカバンの中に入れることで携帯にも便利です。

全視界メガネのご提案

新発想の遠中近両用メガネです。

今、お掛けになられている遠近両用眼鏡を手で少し持ち上げると、小さな文字が読みやすくなる。この特性を、簡単操作で切り替えられるようにしたのが、全視界メガネです。

メガネが上下6mm可動
長時間のお手元の作業が快適になる遠中近両用メガネ
メガネが上下に可動するパッド
メガネが上下に可動するMPパッド

さまざまな眼鏡フレームにMPパッドを取り付ける。 (全視界メガネ )

お鼻に当たるパッドを簡単操作で上下に切り替えられるようにしたことで、手元の視野が広くなることを実感いただけます。

独自開発のマグネットパッド
MPパッド 

現在、強度近視の方の遠近両用メガネで長時間のパソコン作業が疲れる方に最適な新発想の遠中近両用メガネ、使用の遠近両用メガネを手で少し持ち上げると、パソコンの画面を見る時に首を曲げて顎を上げなくてもハッキリ見ることができます。この特性を、簡単操作で切り替えられるようにしたのが全視界メガネです。

取り扱い店舗

尼崎市神田中通り3丁目43番地メガネのアマガン センター店
メガネ専門プロショップ

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。当店では、 強度近視の方の老眼対策のご提案を行っています。

メガネのアマガン センター店…・・・こちらへ

メガネのアマガンセンター店のこだわりコーナー

強度近視メガネフレームコーナー
強度近視メガネコーナー

深視力コーナー
スポーツメガネコーナー
度付きスポーツサングラスコーナー
強度近視メガネメガネコーナー
跳ね上げ式メガネコーナー
大きいメガネメガネコーナー
色弱メガネコーナー
丸メガネコーナー
メガネ/サングラスこだわり修理コーナー
ロービジョンコーナー

[公開日] 2022年09月07日
カテゴリー:メガネ一覧,眼鏡屋,強度近視メガネ


TOPへ戻る