TEL 06-6411-8965

強度近視メガネ フレーム ゼルパード

理想の強度近視の方のための眼鏡フレームのご提案

このフレームのことを、強度ウスカルメガネフレームと総称して名付けています。それは、強度近視のレンズを「薄く」「軽くする」等、機能的な眼鏡枠のこととして命名しました。快適な強度近視メガネフレームの追求を目指して!

おしゃれな強度近視メガネフレーム。
ゼルパード サイズ:42□20

カラー1:ダークレッドマット

目が大きくなる強度近視メガネフレーム。

カラー7:ライトカーキマット

お顔が小さく見える強度近視眼鏡枠。

カラー9:ブラックマット 

軽くなる強度近視メガネフレーム。

現在ご使用の強度近視眼鏡のレンズをこのフレームに入れ替えると、見違えるほどに薄く、軽くなるフレームです。このフレームを総称して「強度ウスカル」と呼んでいます。今回発売させていただいたフレームは「薄く」「軽く」なるだけではなく、「目を大きく見せる」工夫を取り入れたデザインとともに、小顔対応であることを意識したモデルです。その3つのポイントとして、リム部分(フロント部の左右レンズが入る輪)をややボリュームアップ、ブリッジ部分(左右レンズが入っている繋ぎ部分)をボリュームアップ、両サイドのボリュームはほどほどに、この「3つのポイント」をおさえたデザインにすることで、かけた人の目を大きく見せることができるのです。

リムをボリュームアップするとは、一般の眼鏡枠よりも少し太くすることで、目そのものを大きく見せつつ、目に「シェイド効果」と呼ぶべき、影を落してくれることで、白目の部分をハッキリと見せ、目を目立たせるように仕上げます。次に、ブリッジ部分をボリュームアップするとは、付け根の部分を太く湾曲させることで「顔を濃く見せる効果」を引き出しています。両サイドのボリュームを平均的に、ほどほどにすることで、ボリュームダウンすることがないようにしたことで、顔を小さくみせることができます。(丁番部分に新機構『ダブルラウンド丁番』を採用)

ウスカル会公式ホームページより抜粋

強度近視プロショップに戻る・・・こちらへ

眼鏡専門店 メガネのアマガン センター店
強度近視メガネ専門店 メガネのアマガン センター店

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。当店では、強度近視メガネを製作する時の問題を解決していただくフレームコーナーを設置しております。

[最終更新日] 2021年02月13日 /[公開日] 2021年02月08日
カテゴリー:強度近視メガネ


TOPへ戻る