TEL 06-6411-8965

強度近視メガネでおしゃれ パラボラスⅡ

強度近視メガネおすすめ 強度ウスカルフレーム

強度近視の方が眼鏡を製作されるときに、気になる事がレンズの厚み、眼が小さく見える、重さ等があり、これらを解決できる眼鏡をと思われて眼鏡店に足を運ばれるのではないでしょうか。そして眼鏡店に行かれると、決まってフレーム選びにおいて「小さいフレーム」「フレームの縁が太い枠」とスタッフに勧められ、レンズは「厚みが薄くなるレンズ」と言ったようになり、今まで眼鏡を製作されていたと思います。そこで、このような問題を真剣に解決しようと、眼鏡士岡本隆博氏が強度近視の問題を真剣に真正面から向き合って、考案され製作された枠が「強度ウスカルフレーム」です。一言でこの枠を表現するのであれば、同じレンズで強度ウスカル枠に入れればレンズの厚みが薄く、軽くなって見違える強度近視眼鏡に仕上がることです。特に女性の方にとっては、今まで考えられなかった強度近視でメガネ美人を体験いただける逸材です。

このフレームのことを、強度ウスカルメガネフレームと総称して名付けています。それは、強度近視のレンズを「薄く」「軽くする」等、機能的な眼鏡枠のこととして命名しました。快適な強度近視メガネフレームの追求を目指して!

サイズ:F□24 ダークレッドマット 1

モニターの都合上、掲載写真と実際の色が異なる場合がございます。 

カラー:ライトベージュマット 2

カラー:つやありガンメタルグレー 3

カラー:つやありチョコレートブラウン 4

カラー:つやありダークグレー 9

このフレームのテーマは「落ち着き」です。穴空きタイプの大型フレームでフォルム、色合いを意識して設計、製作しました。穴空きタイプとはレンズの耳側側面に隙間を空けたデザインのフレームです。穴空きにすることで、フレーム全体を大きく感じさせることができることと、レンズの厚みが穴空きにしなかった場合に比べて薄く仕上げることができることと、コメカミの入り込みを最小限にできることがメリットです。さらに、落ち着きを重視したデザインならではのシャープな腕のデザインがされているところです。素材はチタン素材で、弾力性のあるβチタンを採用することで、程よい弾力性のある柔らかい掛け心地が得られます。福井県鯖江市の、チタン製のメイドインジャパン。モデル名は、ParabolasⅡ (パラボラス2)

ウスカル会公式ホームページより抜粋

強度近視プロショップに戻る・・・こちらへ

メガネのアマガン センター店
強度近視眼鏡専門店 メガネのアマガン センター店

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。当店では、強度近視メガネを製作する時の問題を解決していただくフレームコーナーを設置しております。

[公開日] 2021年03月24日
カテゴリー:強度近視メガネ


TOPへ戻る