TEL 06-6411-8965

強度近視メガネフレーム フォートレス

理想の強度近視眼鏡枠をご提案 フォートレス

最強度近視の方がメガネを製作されるときに、いつも気になる事にレンズの厚み、眼が小さく見える、牛乳瓶の底のようなレンズの仕上がりになる等があり、これらを解決できるメガネを思われてメガネ店に足を運ばれるのではないでしょうか。そしてメガネ店に行かれると、決まって枠選びにおいて「小さい枠」「枠の縁が太い枠」とスタッフに勧められ、レンズは「厚みが薄くなるレンズ」と言ったようになり、メガネ製作をされていたと思います。そこで、このような問題を真剣に解決しようと、眼鏡士岡本隆博氏が考案され製作された枠が「強度ウスカル枠」です。一言でこの枠を表現するのであれば、同じレンズで強度ウスカル枠に入れればレンズの厚みが薄く、軽くなって見違える強度近視メガネに仕上がることです。

このフレームのことを、強度ウスカルメガネフレームと総称して名付けています。それは、強度近視のレンズを「薄く」「軽くする」等、機能的な眼鏡枠のこととして命名しました。快適な強度近視メガネフレームの追求を目指して!

瞳孔距離が広い方の最適な強度近視メガネ。
サイズ:36~42□30

カラー1:つやありナイトブラック

最強度近視の方の理想のメガネ枠

カラー2:つやありワイン

目が小さく見えにくい強度近視メガネフレーム。

カラー3:つやありグレイベージュ

強度乱視の方の理想の眼鏡枠。

カラー4:ークブラウンマット

強度遠視の理想の眼鏡フレーム。

強度近視の方で、目と目の距離(瞳孔距離)が広い人を対象に設計した贅沢なピンポイント強度近視メガネフレームの登場です。他の方でも掛けることはできますが、不似合いになるのではと思います。そのフォルムは、フロント部を真横への一直線の直線のラインを大切にした、一本気なデザインです。人間の顔をしっかりとした顔に見せるストロング・ウスカルスタイル。全体に軽くするために、
スリムなデザインになっており、重量も軽いです。また、フレームの中央部分(ブリッジ)のフォルムを段差をつけることで、横に長い平坦なイメージになり躍動感あるボリュームを加味することに成功しています。かなり凝っているということです。

ウスカル会公式ホームページより抜粋

強度近視プロショップに戻る・・・こちらへ

快適な強度近視眼鏡製作プロショップ。
メガネのアマガン センター店 強度近視眼鏡プロショップ

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。当店では、強度近視メガネを製作する時の問題を解決していただくフレームコーナーを設置しております。

[最終更新日] 2021年03月07日 /[公開日] 2021年02月09日
カテゴリー:強度近視メガネ


TOPへ戻る