TEL 06-6411-8965

サバイバルゲームサングラス度付き

サバイバルメガネ&保護眼鏡のご紹介

サバイバルゲームスポーツどきの「目の安全」について参考までに・・・眼球を直撃すれば失明させる恐れがあるサバイバルゲームは、各道具のメーカーの説明書や遊戯銃雑誌では、エアソフトガンを使用する場合、ゴーグルなどの保護具の着用を推奨している。普段メガネをかけている方の場合には、通常の眼鏡用レンズでは危険度があるため出来れば超硬化レンズ素材での製作をお勧めいたします。サバイバルゲームでも、参加条件の一つとして保護具の装着が必須条件とされる。そのため、参加条件の一つとして保護具の装着が必須条件とされる。

サバゲーにおける目の安全

米国ライフル協会の調べでは、1000万〜1,500万人の米国人が狩猟、スキート射撃、トラップ射撃とスポーツクレー射撃を含む散弾銃スポーツに参加していると見積もっている。そこで、穿孔性の眼損傷(角膜もしくは強膜に刺創、切創を生じ、眼内組織が部分的に流出もしくは脱出した状態)の眼損傷の5〜10%は散弾銃が原因で、大部分はレクレーションとして散弾銃を扱っているときに発生している。

サバゲーゴーグル度付き&メガネで安全に楽しんで頂くために!

実銃射撃に用いるサングラス型のシューティンググラスも、強度は充分でも横から飛んでくる弾をガードできないこともあるため、多くの場合サバイバルゲームに用いるのは不可とされてきたが、実際の兵士が着用していることや、ゴーグルに比べ見栄えが良いこともあり、最近は使用者が増加傾向にある。

至近距離で被弾した場合に内出血等の怪我を負う場合があり、植物の枝葉などによる切り傷、転倒時の擦り傷軽減なども考慮して、長袖長ズボンや指先まで覆える手袋、ヘルメット、フェイスガード等の防具の着用が推奨される場合もある。

ゲーム進行中のプレイヤーに間違われ誤射を受けた際の負傷を防止するため、たとえ被弾によって失格していても、フィールド内に居る限りゴーグルを外してはならないとされる場合が多い。射撃スポーツは、毎年あらゆる年代の人々が参加する広く普及しているレクレーションである。射撃スポーツの眼損傷の可能性はよく指摘されているが、眼球保護の必要性に対する公の意識は欠如しているのではないだろうか?

サバゲー用サングラス&度付き

眼鏡を普段かけている方々へ、サバゲーどきの度付保護眼鏡としてご検討されてはいかがでしょうか?

WX:TWISTED フレームカラー:ブラックオプス レンズカラー:スモークグレイ

度付き対応可能モデル:ただし、フレームカーブ設計が8カーブのため、ふだんメガネは4カーブを装用されていることで、同じ度数設定で製作すると場合によれば強い違和感を生じて掛けられない方がいらっしゃることがあります。その為、度数設定には特別な検眼枠及びコンピューターによる度数補正等を行ったうえで、実際に見え方の体験をして頂くことになります。      

詳しくは・・・こちらへ

WX:TWISTED(ツイステッド) フレームタイプは日本人の顔立ちを検討して設計したALTERNATIVE(オルタナティヴ)サイズにしております。日常のシーンにおける軍用アウウェア このデザインは日常使いにおいても気軽に装用(着用)できます。

WX:TWISTED – ALTERNATIVE – (オルタナティヴ)は、2013年から米国および日本で開発が進めら、横幅が広い日本人の顔型に合うよう標準サイズに比べフレーム幅を広く設計したANSI Z87.1(Z87+)規格認証の耐衝撃アイウェアです。欧米人の顔型は卵型のイメージで、日本人は頬が張った横型のイメージです。

REGULAR:標準サイズのWX TWISTEDをベースに、より日本人の顔にフィットするようフレーム幅を広く、これに合わせてレンズ光学設計も再設計したモデルです。

TWISTED – ALTERNATIVE(ツイステッドーオルタナティヴ)は、軍用アイ・プロテクション技術が使用されています。例えば、レンズに加わった運動エネルギーを分散し、逸らすスロープド・エフェクトのレンズ設計(レンズに異物が飛んできても跳ね返す設計)他、フレームは超弾性機能フレーム(TRILOID)を採用しています。外見は街中やアウトドアにおいて装用し易いデザインでありながらも、耐衝撃性アイウェアとしての光学性能と安全性能を内なるスペックとして有しています。

一般的なフレームとWXフレームとの違い

一般的なフルリム・フレームは幅の狭いリム(レンズを差し入れる溝)に浅く差し込み、レンズの全周囲をフレームで囲む構造です。眼鏡やサングラスで用いられる最もポピュラーなフレーム形状で耐衝撃性能はありません。仮にこのようなフレームにSELENITE™レンズを入れても、フレームのレンズ保持能力が低いために、レンズもしくはフレームに強い力が加わるとフレームがレンズを保持できずに外れてしまいます。

一般的なフレームは衝撃によってレンズが外れやすい

WXシリーズのフルリム・フレームはレンズを深いリム(レンズを差し入れる溝)と広範囲のインサートゾーンで固定するスパルタン・ロック構造です。これによって一般的な眼鏡やスポーツグラスのようにレンズ単体で衝撃を処理するのではなく、レンズとフレームの両方でインパクト・ディプレッション(衝撃分散処理)するトレリス構造のアイウェアとなっています。さらに重圧度衝撃によってレンズがフレームから外れ、眼球側に押し出されてしまうプッシュバック現象を防止するためにバックリム・フレーム設計も取り入れています。

フレームのリム溝特殊構造で設計製作していますので衝撃にレンズが外れにくい

耐衝撃レンズ保持システム:

WILEY X®アイウェアに採用されているTriloid™フレームは、ANSI Z87.1規格認証の耐高速度衝撃と耐重圧度衝撃を有する高性能光学レンズSELENITE™の性能を最大限に引き出す特別な耐衝撃設計になっています。 

種類 その一例

この高性能光学アイウェアは戦場でも着用できるとともに民間人が一般生活においても活用することができる機能性とファッション性も高次元で融合させています。また、WXシリーズのアイウェアの魅力は世界的に有名なモータースポーツNASCARのトップレーサー達やB.A.S.Sバスマスタークラシックのチャンピオン、オリンピック選手のメダリスト、様々な射撃スポーツの世界チャンピオン達も愛用し、WXシリーズのアイウェアを支持しています。

WX REBEL
WX SAINT
WX VALOR
WX GUARD ADVANCED
WX ROMER 3

掲載商品は一部の商品です。

WX SHADOW
WX BREACH
WX BOSS
WX ENZO
WX SLEEK

サバゲー時のメガネ&度入りゴーグルのご提案

バンド交換でゴーグルにもなるハイブリッドモデルです。

WX SG-1

2003年から始まったイラク戦争では、仕掛け爆弾等の爆発物による攻撃が増加し、それに比例して眼を負傷する兵士が急増していました。その現状に苦慮しながらも負傷兵を治療し続けていた軍医達は、負傷兵の中に爆発物によって体の広範囲に怪我を負いながらも、眼は無傷の兵士達がいることに気付きます。軍医達は調査に乗り出し、その結果、眼を怪我していない多くの兵士達は軍から支給された軍用アイウェアではなく、私費で購入したWXシリーズ(WILEY X®)のSG-1を装用していたことが判明しました。この結果を受け、米軍は異例のスピードでSG-1を兵士達に支給することとなりました。そして、このSG-1によって眼を負傷する兵士達は大幅に減少しました。

この圧倒的な安全性能は、兵士達から”レジェンド”(最新支給品でありながらも伝説的な装備)と賞賛されました。先進的な設計思想によって生まれたSG-1は、幾度となく改良が施され、今も尚、世界中の軍や法執行機関のプロフェッショナル達に最高峰のアイ・プロテクション・ギアとして愛用されている。この”レジェンド”を知らずして、MCEP(ミリタリー・コンバット・アイ・プロテクション)は語ることはできません。

このフレームの最大の特徴は、ゴーグルバンドを取り外し、テンプル(ツル)に換装することで、完全なメガネ仕様が可能なことでしょう。

このハイブリッド軍用アイウェアは世界で唯一、SG-1のみであり、このような先進的な機構をWXシリーズ(WILEY X®)は約15年前に開発し、実戦に投入しています。

グラスにもゴーグルにもなるハイブリッド軍用アイウェアです。

耐衝撃性レンズを採用

従来のスポーツグラスではレンズを薄くすることで光学性能と引き換えに安全性能を犠牲にし、従来のセーフティグラスではレンズを厚くすることで安全性能と引き換えに光学性能を犠牲にしていました。 WXシリーズの SELENITE™レンズ は光学性能も安全性能も犠牲にしていません。 全てのWXシリーズのアイウェアに使用されているSELENITE™レンズは強固な耐衝撃マテリアルと粘度のある非飛散マテリアルを組み合わせた特殊なバリスティック光学マテリアルで製造されています。このレンズはセミ・フィニッシュド・レンズと呼ばれる成型段階において、すでに世界最基準の光学性能と安全性能に達しています。事実、 SELENITE™レンズ は、レンズ厚2.0mmという驚異的な薄さでアメリカ国家規格ANSI Z87.1と軍用仕様規格MIL-PRF-32432(GL)を超える圧倒的なパフォーマンスを実現しています。

ANSI CERTIFICATION MARKS アメリカ国家規格ANSI Z87.1 とは:

あなたがアイウェアを選ぶ際、フレームやテンプル(つる)、 そしてレンズにANSI Z87.1規格が規定するマーキングがあることを確認してください。このマークは単なる社内検証によって”安全性を謳う”偽りの性能ではなく、世界的に認められた厳格なアメリカ国家規格協会ANSIによって証明されている性能を意味しています。 そして、あなたが手にするWILEY X®アイウェアは、どのモデルにおいてもANSI認証マークを容易に確認することができます。

耐高速度衝撃性能:

全てのWXシリーズ(WILEY X®)アイウェアはアメリカ国家規格ANSI Z87.1に定められたHIGH VELOCITY IMPACT(高速度衝撃)を遥かに上回る耐重圧度衝撃性能を有しています。時速164kmの25口径鋼弾による高速度衝撃の場合、一般的なサングラスではレンズが割れ、フレームが破損しますが全てのWXシリーズ(WILEY X®)アイウェアは耐える設計が施されています。

耐重圧度衝撃性能:

全てのWXシリーズ(WILEY X®)アイウェアはアメリカ国家規格ANSI Z87.1に定められたHIGH MASS IMPACT(重圧度衝撃)を遥かに上回る耐重圧度衝撃性能を有しています。500gの先端が尖った鉄槍を高さ127cmから落下させた場合、一般的なサングラスではレンズが割れ、フレームが破損する重圧度衝撃でも全てのWXシリーズ(WILEY X®)アイウェアは耐えられる設計になっています。

特許技術フェイシャル・キャビティ(ガスケット):

FACIAL CAVITY™はWXシリーズ(WILEY X®)の特許技術の一つで、眼の周りを覆う2層の高密度フィルターが顔に沿って密着します。これによって砂埃・花粉・排気ガス・風等からあなたの眼を守るように設計されています。また耐衝撃時には衝撃緩和パッドとして機能し、付属ストラップと併用することでゴーグルと同等の総合的なアイ・プロテクション能力を発揮します。また、FACIAL CAVITY™はアイウェアから容易に取り外すことは可能です。必要に応じて着脱したり、花粉が付着したり、汚染地域で活動したり、経年変化で劣化した場合など、新しいFACIAL CAVITY™に交換することが可能です。

解像力:

見え方

裸眼の見え方
WXシリーズのレンズの見え方

世界最高峰のWXシリーズ(WILEY X®)レンズ・テクノロジーによって生み出されたSELENITE™レンズは、遠くの風景を歪めることなく、NBSパターン20(分解能力テスト)によって証明された明瞭な視界を提供しています。

屈折力:

素材

裸眼の見え方
WXシリーズのレンズの見え方

耐衝撃性を考慮した保護グラス等ではレンズに厚みがあるため、視覚対象物のサイズが実際のサイズと異なり、着用者の距離感覚にズレが生じます。世界最高峰のWXシリーズ(WILEY X®)レンズ・テクノロジーによって生み出された耐衝撃性を有した高性能光学SELENITE™レンズでは視覚対象物のサイズを相対的に正しく表現し、適切な視界情報と距離感覚が得られるように設計されています。

光拡散力:

設計

裸眼の見え方
WXシリーズのレンズの見え方

カーブレンズが光を透過すると不要な光の屈折が生じ、対象物が本来の位置とは異なる位置で見えてしまいます。WXシリーズ(WILEY X®)のSELENITE™レンズは適切なディセンター処理が施され、対象物を適切な位置で表現し、空間認識を損ないません。

紫外線カット:

総合的な紫外線遮断性能

WXシリーズ(WILEY X®)のSELENITE™レンズおよびフレームは、紫外線カットに適したデザインを採用しています。例えば、一般的なサングラスやスポーツグラスでは紫外線カット100%と記載されていれば、着用者は「絶対に、完璧に紫外線から眼を保護してくれる」と考えるでしょう。しかし、実際には着用者の眼に相当量の紫外線が吸収されており、その吸収率は裸眼以上である場合があります。このような紫外線カット率の表記と実際に眼が吸収する紫外線量の大きなギャップをWXシリーズ(WILEY X®)アイウェアは最新のレンズテクノロジーとフレーム設計で解決しています。

一般のUVカット
WXシリーズのUVカット

カーブレンズが光を透過すると不要な光の屈折が生じ、対象物が本来の位置とは異なる位置で見えてしまいます。(WXシリーズ)WILEY X®のSELENITE™レンズは適切なディセンター処理が施され、対象物を適切な位置で表現し、空間認識を損ないません。また、SELENITE™レンズのマテリアル自体が紫外線カットであり、レンズ表面に紫外線カットコートのように経年変化による紫外線カットの性能低下がありません。

※アメリカ国家規格(ANSI)および日本工業規格(JIS)に沿う測定および表記規定においては、SELENITE™レンズの紫外線カット率は100%となります。しかしながら、日本の 眼鏡類の商慣習に沿い、日本語で表記する場合には紫外線カット 率を99.9%としています。

UVコートを施した紫外線カットレンズでは、経年劣化によって紫外線カット性能の低下やUVコートが剥離してしまいます。WXシリーズ(WILEY X®)のSELENITE™レンズは素材自体がUV(紫外線)カットのため、経年変化によるUVカット機能が低下することはありません。

サバイバルにおける目の危険

サバイバルゲーム

BB銃による穿孔性(キズが開く)の眼損傷は、スポーツ関連の眼損傷のなかでも最もひどい形態の1つである。1970年〜1981年Wilmer Institute (ウィルマー・アイ学会)でのすべての穿孔性眼損傷のレトロスペクティブなレビューによると、創傷のサイズや部位に関係なく、眼内にBB銃や空気銃の散弾があると視覚予後は不良であった、と報告されている。BB弾や散弾による穿孔性損傷の合計22眼のうち19眼は、最終的に広範な手術にもかかわらず救済不能と思われ、交感性眼炎を防ぐために摘出された。穿孔性損傷で眼球摘出されなかった3眼の視力は0.04以下だった。BB弾による穿孔22眼に加えて、BB弾によって粉砕された眼鏡の破片による小さい強角膜裂傷の3眼があり、すべてが6か月の時点で0.5以上の最終視力であった。BB弾による穿孔性損傷の患者において、眼球内容、とくに後眼部の破壊の程度はその射入創の重症度に一致しない傾向がある。

■メガネレンズの素材によって危険度が違ってきます。

(A)強化ガラス
(B)CR-39(プラスチック)
(C)ポリカーボネイト

A:3mm厚の眼鏡をかけた頭部模型への、0.177口径、0.342のBB弾の152〜183m/秒(500〜600フィート/秒)での衝撃

B:3mm厚の眼鏡をかけた頭部模型への、0.177口径、0.342のBB弾の152〜183m/秒(500〜600フィート/秒)での衝撃

C:3mm厚の眼鏡をかけた頭部模型への、0.177口径、0.342のBB弾の152〜183m/秒(500〜600フィート/秒)での衝撃

■戦争ゲーム&サバイバルゲーム

過去10年間、戦闘シミュレーションスポーツが米国、カナダ、英国、オーストラリアを含む、多くの西欧諸国で人気を獲得し、数百万ドル産業になった。このスポーツは、”戦争ゲーム”、”ペイントボール”、”サバイバル”、”コマンドー”、対抗するチームが競う”陣取り”など、数多くの違った名前がある。プレーヤーは、特別な二酸化炭素銃を使い、当たると爆発するペイントの詰まった球を敵に放つ。そのペイントが創傷を示し、プレーヤーはそのゲームからはずれる。競技会は一般に、料金をとって場所と設備を提供する事業化によって組織される。一般に18歳未満では同意書が要求されている。

BB弾

戦争ゲームのなかで用いられる二酸化炭素銃は60〜90m/秒の銃口速度をもつ。セミオートマチックとオートマチックのペイントボール銃が利用できる。ペイントボールはグリセリン、水、ポリエチレングリコール、食用色素と酸化チタンが詰まった球形のゼラチンでできている。直径および1〜2cmで、衝撃で破裂するように設計されている。それは衝撃力のすべてを眼に伝えるに十分なほど直径は小さく、重篤な鈍的損傷を引き起こす。

戦争ゲームの主催者は、保護眼鏡をすべての参加者に与えているが、それにもかかわらず、重大な眼損傷がこのスポーツを悩ませている。これらの損傷のほとんどは、プレイヤーが保護眼鏡をつけていないときに起こっている。これは、ゲーム開始前の武器を使った練習のとき、また、とくにゲーム中に眼鏡がくもったり汚れたりしたときに起こる。報告された症例の典型的なシナリオは、疲れたプレーヤーが保護眼鏡をはずしてから、その汚れをとったり、またはその他の作業をしているときに、不意の攻撃の犠牲者となったというものである。ペイントボールが近距離から発射されて保護眼鏡の側面を打ち、はじき飛ばされ、重篤な眼損傷を起こしたという症例が報告されている。それらリアルな外見のために、ペイントボール銃の誤用も起こり、なかには腕のなかの子どもを撃ってしまったというような例もある。

カナダの眼科医が、1084年〜1987年の3年間の戦争ゲーム参加者の44眼の眼損傷を報告したのだが、そのなかの誰も保護眼鏡をつけていなかった。これらのうち17眼が0.1以下の視力で法的に失明となった。13眼が0.5未満まで回復し、14眼だけは1.0に回復した。損傷の最も一般的な形態は前房出血、網膜損傷、白内障であった。ペイントボール銃は銃口速度が比較的遅いにもかかわらず2眼の穿孔性損傷が起こった。戦争ゲームに関連した損傷を負った眼はすべての眼科的な検査を受けるべきである。

1984年に戦争ゲームによる13眼の損傷が報告された、すべてが16歳〜41歳の男性で、これらの損傷は、前房出血7眼、最終視力0.025の網膜剥離1眼、および最終的に光覚を失った眼球破裂1眼を含んでいる。受傷の時点で、保護眼鏡は使用可能であったにもかかわらず、13人の患者のうち誰もつけていなかった。彼らは、ゲーム中になくしたり、汚れを拭くためとかアウトになってゲームから離れたためにはずしたりして、保護眼鏡を着用していなかった。

戦争ゲームによる眼損傷の驚くべき発生率のために、Camadian Ophthalmological Society (カナダ眼科学会)が、集中的な公の意識キャンペーンに着手し、それは、かなりの数の損傷を減らすことに成功した。そのキャンペーンでは、プレーヤー全員に新しい、傷のないポリカーボネート製アイガードを提供し、保護眼鏡を銃と弾の配布前に装用することを要求するよう、推奨した。頭部への発砲、早撃ち、決闘は禁止されなければならない。そして、アルコールの摂取はプレーエリアのなかでは禁止されるべきである。参加者の眼損傷の可能性に対する意識とともに、これらの基準は戦争ゲームでの眼損傷をまれなものとすることが可能である。

SPORTS OPHTHALMOLOGYより抜粋:

製作店舗のご紹介:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1520-1-1024x683-2.jpg

メガネのアマガンセンター店は、西は神戸市/芦屋市/西宮市と東は大阪市、北は伊丹市/川西市/宝塚市/三田市の間に位置する尼崎市で、1956年に眼鏡専門店として開業いたしました。

当店では、眼鏡を掛けておられる方がサバイバルゲーム(サバゲー)をされる時に、眼鏡を保護するためのオーバーグラス(眼鏡の上から掛ける保護眼鏡)を装用するか、コンタクトレンズをされて保護眼鏡を掛けられるか。と思われますが、それぞれの方法においても問題があると思われます。そこでこのような方々にお薦めのサバイバルゲーム時のメガネや保護を両立した度付きゴーグル、度付きレンズのご紹介コーナーを設けています。

メガネのアマガン センター店・・・こちらへ

[最終更新日] 2021年07月31日 /[公開日] 2021年03月17日
カテゴリー:スポーツメガネ


TOPへ戻る