似合うメガネの選び方は、メガネ男子と言われるぐらい「いい男」のセンスはメガネの選び方でわかります。着こなし上手はメガネ上手。


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
似合うメガネ
メガネもおしゃれの小道具です

〜 似合うメガネの選び方 〜

お顔の輪郭と似合うメガネ
お顔の肌色とフレームカラーのバランス
似合うメガネのもう1つのポイントは、あなたのお肌の色と相性のいいフレームカラーを選ぶことも大切です。
似合うメガネの仕上げは、レンズカラーとフレームカラーの相性
おすすめページ  おしゃれなメガネ
◇ 丸メガネが似合う著名人
■南こうせつ 
生年月日:1949年(昭和24年)2月13日
出身地:大分県

大分市(旧:大分郡竹中村)の曹洞宗勝光寺の生まれ。大分県立大分舞鶴高等学校卒業、明治学院大学社会学部中退。明治学院大学を中退しているが、上京する理由を作るために大学進学しっため、実際はほとんど通うことがなかった。
かつて、大の飛行機嫌いであったため、国内移動ではできる限り陸路を使っていた。過去に飛行機での移動がストレスとなり、あまり恐怖で手にカビが生えるという奇病にかかったことがある。後に飛行機嫌いは克服している。
現在は大分県杵築市に広大な土地を購入し家族と生活しており、仕事が入れば上京する。それまでは富士山の麓などで生活するが、夫婦共に冬の寒さに限界を感じたのがきっかけで大分県への引っ越しを決意する。
1976年3月に、日本アーティストとして初めて日本武道館にてワンマン講演を行う。
普段の活動で見せる人の良さとは裏腹に、新幹線で移動の際に同じグリーン車両で酒を飲んで横柄な態度をとっていたヤクザに対し、胸座をつかんで「ハイ!!皆さん、どうも南こうせつでございます。こういう方は許して良いんでしょうか皆さん」と言ったという。

◇ 丸メガネが似合う著名人
■角淳一 アナウンサー
生年月日:1994年(昭和19年)12月30日
出身地:大阪府四条畷市

大阪府立四条畷高等学校・関西学院大学商学部に進学。高校時代には、放送部に在籍し、主にアナウンサー(男のアナウンサーは珍しかった)として活躍。大学卒業後の1968年に、アナウンサーとして毎日放送(MBS)に入社。入社直後にレギュラーで出演したラジオ番組から、出演番組ではほぼ一貫して、軟らかい口調の大阪弁でフリートークを展開。1970年代に出演のMBS「ヤングタウン」で笑福亭鶴光・佐々木美絵とともに人気を集めたことをきっかけに、活躍の場をMBSテレビの深夜番組「夜はクネクネ」「イマにもスミにも」「板東英二のわがままミッドナイト」にも広げた。
1984年3月まで長きにわったって「ヤンタン」へ出演した後には、同年4月から10年にわったって、平日午後の生ワイド番組「すみからすみまで角淳一です」メインパーソナリティを務めた。1984年4月からは、「すみから」後継番組「すみからすみまで愛なのね」に出演していた。しかし、「愛なのね」を担当していた1986年5月6日に自宅で体調不良を訴えたことをきっかけに、主治医から脳梗塞と診断されたため緊急入院。そのまま「愛なのね」を降板するとともに、1997年10月の「すみから」復活まで、1年5か月にわったって休養を余儀なくされた。
1999年10月11日にMBSテレビが平日の午後に生放送の情報番組「ちちんぷいぷい」を開始したことを機に、金曜日パーソナリティに就任。2011年8月15日放送のエンディングで、後進へ道を譲ることを理由に、同年9月末で同番組を卒業することを自ら発表。9月30日(金曜日)の放送が、レギュラーとしては最後の出演になった。

◇ 丸メガネが似合う著名人
■大宅映子 評論家
生年月日:1941年(昭和16年)2月23日
出身地:東京都

東京学芸大学附属世田谷中学校、東京都立駒場高等学校、国際基督教大学卒業。ジャーナリストの大宅壮一の三女。宣伝会社コスモ・ビーアール勤務後、日本インフォーメーション・システム(NIS)を創設。1978年ごろからしばしば政府各種審議会の委員を務めている。
これまでに、行政改革審議会、税制調査審議会委員などを歴任。
家庭教育、親子関係などを中心に著書多数。
岸井成格が「サンデーモーニング」にて、北朝鮮による日本人拉致問題に関して、一時帰国した拉致被害者5人を当初の約束どおり一旦北朝鮮に戻すべきと発言したことに対し、「私もそう思う」と同調した。
2002年6月から道路関係四公団民営化推進委員会の委員に就任。他の委員が次々と辞任・長期欠席する中、2005年9月30日の同委員会解散まで委員を務めた。
現在、公益財団法人日本国際フォーラム評議員。日本インフォメーションシステム代表取締役。大宅壮一文庫理事長。カブシキガイシャ高島屋社外取締役。資生堂社外監査役。ホリプロ所属。日本ゴルフ改革会議議長。

◇ 丸メガネが似合う著名人
■大江健三郎 小説家
生年月日:1935年(昭和10年)1月31日
出身地:愛媛県

東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を9受けた作家として登場し、戦後日本の閉塞感と恐怖をグロテスク性のイメージを用い描き、石原慎太郎、間高健とともに第三の新人の跡を受ける新世代の作家と目される。
その後、豊富な外国文学の読書経験などにより独特の文体を繰り上げていき、
核や国家主義などの人類的な問題と、故郷である四国の森や、知的障碍者である長男(作曲家の大江光)との交流といった自身の「個人的な経験」、更に豊富な読書から得たさまざまな経験や思想を換骨奪胎して織り込み、それらを多重的に輻輳させた世界観を作り上げた。作品の根幹にまで関わる先人たちのテクストの採用、限定的な舞台において広く人類的な問題群を思考するなどの手法も大きな特徴として挙げられる。1994年、日本文学史において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。
戦後民主主義者を自認し、国家主義、特に日本における天皇制には一貫して批判的な立場をとっている。また、「護憲」の立場から核兵器や憲法第9条につ
いてもエッセイや講演で積極的に言及しており、自衛隊の存在に対しても否定的である。

◇ 丸メガネが似合う著名人
■笑福亭鶴瓶 落語家/タレント/俳優
生年月日:1951年(昭和26年)12月23日
出身地:大阪市平野区

5人兄弟の末っ子で浪速高等学校卒業。高校在学中、当時大阪で人気だった笑福亭仁鶴や桂三枝(現:8代目桂文枝)に刺激されて、高校に落語研究会を作る。
京都産業大学経済学部に進学するも中退。大学時代は京都産業大学落語長屋という落語研究会に所属しており、童亭無学(どうていむがく)を名乗る。一時期はここでの芸名を本名であるスルガ・マナブやプロになってからtsurubeと名乗ったこともある。この落語研究会であのねのねの原田伸郎と出会い、清水国明を含めた3人で音楽活動する。(鶴瓶夫人も参加している時期あり)
笑福亭松鶴への弟子入りのきっかけは、入門前のある日、安井比羅宮で開かれた米朝一門の落語会での8代目笑福亭松鶴の行いを見たことだという。高座に上がった松鶴は「あっ」と固まった後、見えた僧侶を示して「あの坊さんの頭を見たらネタ忘れてもた。オチだけ言うて降りま」と言い、本当にオチだけ言って2分ほどで降りてしまった。これを見て「エライ人や」と思い、松鶴への弟子入りを決めたという。

◇ 丸メガネ はメガネフレームの元祖 X
■メガネのアマガンセンター店創業者の父親が装用していた、明治時代の丸眼鏡フレーム・・・
クラシカルで知的な丸いフレーム。ダントツのレトロ感。顔に掛けると個性的な雰囲気を出すのにおすすめです。ただし、一歩間違えると「マンガチック」のようになってしまうことも・・・似合う人が限られるデザイン。
1885年〜1889年の時代に著名な方々が丸フレームをご愛用されていました。
三浦 襄 実業家、吉田 徳次郎 土木工学者、平山 復二郎 日本技術士会会長、菊池 寛 小説家、夢野 久作 小説家、和辻 哲郎 倫理学者、内田 百小説家、三木 露風 童謡作家、室生 犀星 小説家、国吉 康雄 洋画家、南原 繁政治学者、福士 幸次郎 詩人、久保田 万太郎劇作家、尾山 篤二郎国分学者

◇ 丸メガネ はメガネフレームの元祖 W
■明治時代における学者、文化人など多くの方々は丸メガネをご愛用されていました。メガネの原点は丸・・・1885年〜1889年
クラシカルで知的な丸いフレーム。ダントツのレトロ感。顔に掛けると個性的な雰囲気を出すのにおすすめです。ただし、一歩間違えると「マンガチック」のようになってしまうことも・・・似合う人が限られるデザイン。
大杉 栄 政治家、北原 白秋 詩人、小倉 金之助 数学者、野上 弥生子 小説家,武者小路 実篤 小説家,田島 道治 実業家,出光 佐三 実業家,柳原 白蓮 歌人,三田 光一 霊能力者、平塚 らいてう 思想家、井上 日召 右翼活動家、内藤 多仲 建築構造学者、笹々 紅華 プロデューサー、谷崎 潤一郎 小説家、山川 黙 登山家、藤田 嗣治 彫刻家、大川 周明 思想家、丸毛 登 政治家、葛西 善蔵 小説家、折口 信夫 民俗学、小林 六造 慶大教授、山本 有三 劇作家、荒畑 寒村 社会主義者、園山 民平 音楽家、堅山 南風 芸術家、奥山 貞吉 編曲家、田中 豊 技術者山岡 孫吉 実業家、村上 華岳 日本画家、賀川 豊彦 キリスト教社会運動家、今 和次郎 民俗学研究者、
(丸メガネ人物史より参照)

◇ 丸メガネ はメガネフレームの元祖 V
■明治時代に掛けての学者、政治家、文学者など多くの方々は丸眼鏡をご愛用されていました。メガネの原点は丸・・・1880年〜1884年
現在人にとって、丸メガネが似合う人は「とてもおしゃれ」な雰囲気を表現されていると思われます。とくに、レトロなファッションの1つのアイテムとして取り入れれば気分も最高です。

松縄 新太 機械工学者、 山川 均 経済学者、石原 純 理論物理学者、森田 草平 経済学者、松岡 映丘 日本画家、会津 八一 歌人、小杉 放菴 画家、伊藤 友作 昭和学院創設者、中村 謙一 官僚、坂本 繁二郎 洋画家、橋田 邦彦 医学者、小川 未明 小説家、金田一 京助 言語学者、斎藤 茂吉 精神科医、羽田 亨 東洋史学者、大倉 喜七郎 事業家、青木 繁 洋画家、野村 胡堂 小説家、藤井 浩祐 彫刻家、種田 山頭火 俳人、江崎 利一 実業家、鳥居 信平 技師、中野 治房 植物学者、朝倉 文夫 彫刻家、和田 三造 洋画家、高村 光太郎 芸術家、北大路 魯山人 芸術家、川瀬 巴水 版画家、鳴海 要吉 口語短歌家、中山 悦治 実業家、前田 夕暮 歌人、中井 金三 教育者、阿部 次郎 哲学者、橋本 間雪 日本画家、青木 健作 小説家、平田 華蔵 平田学園創設者、山村 暮鳥 詩人、安田 靫彦 歴史画の大家、辻 永 洋画家、水野 利八 水野創業者、バチェラー八重子 アイヌの歌人、荻原 井泉水 俳人、川村 吾蔵 美術家、吉田 久 裁判官、竹久 夢二 画家、西原 清顕 農場経営者、北村 西望 美術家、
(丸メガネ人物史より参照)

◇ 丸メガネ はメガネフレームの元祖 U
■明治時代の学者、政治家、文学者など多くの方々は丸眼鏡をご愛用されていました。メガネの原点は丸・・・1875年〜1879年

例えば、明治初期から中期にかけての著名な方々と丸メガネ

高木 貞治 数学者、 横田 成年 航空学者、 鹿島 精一 実業家、  柳田 國男 民俗学者、  長谷川 如是閑 ジャーナリスト、 結城 素明 画家、 栗本 勇之介 実業家、 高野 辰之 作詞家、 岡野 貞一 作曲家 、 杉浦 非水 数学者グラフィックデザイナー、 石川 三四郎 作家 、 上中 啓三 科学者、 中村 天風 ヨーガ行者、 尾上 柴舟 歌人、 中尾 都山 作曲家、 橋本 静水 日本画家、 西川 光二郎 社会主義者、 谷津 直秀 動物学者、 柴田 桂太 植物生理学者、 水上 泰生 日本画家、 飛田 周山 日本画家、 中村 春治 教育者、 今 裕 医学博士、 有島 武郎 小説家、 平賀 譲 軍艦設計者、 牧野 英一 法学者、 佐々木 惣一 行政法学者、 野村 徳七 実業家、 川喜田 半泥子 陶芸家、 荒井 寛方 画家、 半澤 洵 農学者、 宮島 清次郎経営者 、 犬童 球渓 作詞家、 上田 貞次郎 経済学者、 滝 廉太郎 作曲家、 河上 肇 経済学者、 山田 わか 社会思想家、 永井 荷風 小説家、 
(丸メガネ人物史より参照)

◇ 丸メガネ はメガネフレームの元祖 T
■明治、大正時代の学者、政治家、文学者など多くの方々は丸眼鏡をご愛用されていました。1870年〜1874年

例えば、明治初期の著名な方々と丸メガネ

本多 光太郎 物理学者、 西田 幾多郎 哲学者、 今村 明恒 地震学者、 鈴木 大拙 仏教学者、 藤本 清兵衛 実業家、 堺 利彦 思想家、 志賀 潔 医学者、 高山 樗牛 文芸評論家、喜田 貞吉 歴史学者、 時任 一彦 農業物理学者、 山本 良吉 教育者、 高野 岩三郎 社会統計学者、 中川 吉造 土木技術者、 新島 喜直 林学者、 柴山 五郎作 伝染病学者、 本山 白雲 銅像製作家、 田山 花袋 小説家、 徳田 秋声 小説家、 島崎 藤村 詩人 小説家、 山室 軍平 宗教家、 岡本 綺堂 劇作家、 岩野 泡鳴 詩人、 与謝野 鉄幹 歌人、 安宅 弥吉 実業家、 真田 秀吉 土木家、 美濃部 達吉 憲法学者、 桐生悠々 文明評論家、 新城 新蔵 天文学者、 津田 左右吉 歴史学者、 泉 鏡花 小説家、 徳田 八十吉 陶芸家、 川合 玉堂 日本画家、 朝河 貫一 歴史学者、 河東 碧悟桐 俳人、 西川 藤吉 真珠養殖研究者、 河井 醉茗 詩人、 本因坊 秀哉 囲碁棋士、 岡田 武松 気象学者、 小室 翠雲 日本画家、 鹿子木 孟郎 日本画家、 真島 利行 有機化学研究家、 福田 徳三 経済学者、 早田 文蔵 植物学者、 浅野 和三郎 心霊研究家
(丸メガネ人物史より参照)